システィナCの効能・用量・副作用など

システィナCの特徴

システィナCは,ビタミンCをはじめ,L-システインなどを配合したビタミン剤で,しみやそばかすによく効きます。
●ビタミンCとL-システインが協力して,しみ,そばかすの原因となるメラニンの生成をおさえます。
●ビタミンCが黒色メラニンの淡色化を促進します。
●ビタミンB6が皮膚や粘膜の新陳代謝を促進し,パントテン酸カルシウムがビタミンCのはたらきを助けて効果を高めます。

システィナC

システィナC

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 第一三共ヘルスケア
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC シスビタC   DHC シスビタホワイトC   アスコル2000   アスコルビン酸K   アスコルビン酸錠500「イワキ」  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



システィナCの効能・効果

次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日やけ・かぶれによる色素沈着
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血
次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期

システィナCの用法・用量

次の量を,水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:3回(食前又は食後)
7歳以上15歳未満:1錠:3回(食前又は食後)
7歳未満:服用しないで下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)食前・食後,いずれの服用でもかまいません。
(3)7歳以上の小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

システィナCの成分・分量

6錠中
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 300mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 6mg
パントテン酸カルシウム 24mg
(添加物)
セルロース,トウモロコシデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),白糖,乳酸カルシウム,マクロゴール,酸化チタン,ポリビニルアルコール(部分けん化物),カルナウバロウ

システィナCの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:吐き気・嘔吐,腹痛
2.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。下痢
3.1カ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
<成分・分量に関連する注意>
本剤の服用により、尿及び便の検査値に影響を与えることがあります。
医師の検査を受ける場合は、ビタミンCを含有する製剤を服用していることを医師に知らせて下さい。

システィナCの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。なお,服用のつどビンのフタをしっかりしめて下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)ぬれた手で取り扱わないで下さい。水分が錠剤につくと,表面が一部溶けて,変色又は色むらを生じることがあります。また,ぬれた錠剤をビンに戻すと他の錠剤にも影響を与えますので,戻さないで下さい。
(5)ビンの中に乾燥剤を入れてありますので,薬を使い終わるまでは捨てないで下さい。
また,間違って服用しないよう注意して下さい。
(6)ビンの中の詰め物は輸送中の錠剤破損防止用ですので,開封後は捨てて下さい。
(7)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。また,一度開封した後は,品質保持の点から6カ月以内に服用して下さい。
(8)箱の「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入して下さい。
※本剤はL-システインを配合してありますので,多少特異なにおいがすることもありますが,効果に変わりはありません。
※本剤は落下などの衝撃で錠剤が破損することがありますので,取扱いにはご注意下さい。