ビタミンC末「クニヒロ」の効能・用量・副作用など

ビタミンC末「クニヒロ」の特徴

ビタミンC(アスコルビン酸)は,生理的に重要なビタミンの1つで新鮮な野菜,果物,緑茶などに多く含まれ,人の体内ではつくることができないため,医薬品やこれらの食品から摂取することが必要です。
肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期のビタミンCの補給に必要であり,また,ビタミンCは,しみ,そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制して皮膚の色素沈着を緩和します。さらに,細胞と細胞をつなぐタンパク質であるコラーゲンの生成に役立ち,毛細血管を強化し,歯ぐきからの出血や鼻出血を予防します。

ビタミンC末「クニヒロ」

ビタミンC末「クニヒロ」

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 散剤 
製造会社 皇漢堂製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC シスビタC   DHC シスビタホワイトC   アスコル2000   アスコルビン酸K   アスコルビン酸錠500「イワキ」  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ビタミンC末「クニヒロ」の効能・効果

次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期。
次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血

ビタミンC末「クニヒロ」の用法・用量

次の1回量を水またはお湯で服用してください。
ただし,服用間隔は4時間以上おいてください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1g:1~2回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
[用法・用量に関連する注意]
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)添付のスプーン軽く山盛り1杯が本品約1gです。
[成分に関連する注意]
本剤の服用により、尿および大便の検査値に影響を与えることがあります。医師の治療を受ける場合は、ビタミンCを含有する製剤を服用していることを医師に知らせてください。

ビタミンC末「クニヒロ」の成分・分量

2g中
アスコルビン酸 2000mg
(添加物)
なし

ビタミンC末「クニヒロ」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。

ビタミンC末「クニヒロ」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。なお,本剤は特に吸湿しやすい製剤ですから,服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。
(4)容器内に乾燥剤を入れておりますので,服用の際にはご注意ください。
(5)箱およびビンの「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入し,ビンをこの文書とともに箱に入れたまま保管してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。