カワイ肝油ドロップC20の効能・用量・副作用など

カワイ肝油ドロップC20の特徴

カワイ肝油ドロップC20は,肝油の主成分として知られるビタミンA・DとビタミンCが配合されております。
水なしでかんで服用できるオレンジ風味のゼリー状ドロップ剤ですので,どなたにでも服用しやすくなっております。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンAD主薬製剤
形状 ゼリー 
製造会社 河合製薬
販売会社 河合薬業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 カワイ肝油ドロップM400   カワイ肝油ドロップS   チョコラAD   ノアールADチュアブル   パパーゼリープラス  



カワイ肝油ドロップC20の効能・効果

次の症状の緩和:目の乾燥感。
骨歯の発育不良。夜盲症(とり目)。くる病の予防。
次の場合のビタミンADの補給:妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,発育期,老年期

カワイ肝油ドロップC20の用法・用量

●成人(15歳以上) 1回2粒 1日2回 朝夕かんで服用してください
●1歳以上15歳未満 1回1粒 1日2回 朝夕かんで服用してください
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量をお守り下さい。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)乳幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意してください。
(4)必ずかんで服用してください。

カワイ肝油ドロップC20の成分・分量

4個中
レチノール 4000 I.U. (レチノール)
コレカルシフェロール 400 I.U.
アスコルビン酸 80mg
(添加物)
カンテン,クエン酸,β-カロテン,白糖,ブドウ糖,ペクチン,水アメ,グリセリン,クエン酸ナトリウム,香料,アラビアゴム,サラシミツロウ,カルナウバロウ

カワイ肝油ドロップC20の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人。(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告があります。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。:下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

カワイ肝油ドロップC20の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変化するおそれがあるため。)
(4)使用期限の過ぎたものは服用しないでください。