パパービタミンゼリーADプラスの効能・用量・副作用など

パパービタミンゼリーADプラスの特徴

パパービタミンゼリーADプラスは,甘酸っぱいレモン風味のビタミン剤です。皮ふや粘膜を強くするビタミンAと骨や歯を作るビタミンDに,コラーゲン生成に関与するビタミンCをプラスしました。
水なしでかんで服用できるため,小さなお子さまから年配の方まで,不足しがちなビタミンを簡単にバランスよく服用していただけます。

パパービタミンゼリーADプラス

パパービタミンゼリーADプラス

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンAD主薬製剤
形状 ゼリー 
製造会社 大木製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 カワイ肝油ドロップC20   カワイ肝油ドロップM400   カワイ肝油ドロップS   チョコラAD   ノアールADチュアブル  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



パパービタミンゼリーADプラスの効能・効果

次の場合のビタミンADの補給:発育期,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期
骨歯の発育不良
くる病の予防
次の症状の緩和:目の乾燥感
夜盲症(とり目)

パパービタミンゼリーADプラスの用法・用量

次の量をかんで服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2粒:朝夕2回
小児(1歳〜14歳):1粒:朝夕2回
1歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)乳児(1歳未満)に服用させないでください。
(2)必ずかんで服用してください。
(3)定められた用法・用量をお守りください。
(4)幼児(1歳〜6歳)に服用させる場合には,のどにつかえることのないようよく注意してください。
(5)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

パパービタミンゼリーADプラスの成分・分量

4個中
レチノール油 4mg
コレカルシフェロール 0.01mg
アスコルビン酸 70mg
(添加物)
水アメ,白糖,カンテン,ペクチン,香料,プロピレングリコール,リボフラビン酪酸エステル,pH調節剤,その他2成分

パパービタミンゼリーADプラスの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用・事故が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください。
●本剤は,乳児(1歳未満)に服用させないでください。
■相談すること
1.次の人は,服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヶ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人,又は妊娠を希望する人。(妊娠3ヶ月前から妊娠3ヶ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に,先天異常の割合が上昇したとの報告があります。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は,服用を中止し,この文書を持って,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢

パパービタミンゼリーADプラスの保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限(紙箱又は容器の底に記載しています)の過ぎたものは服用しないでください。