ポリグロンの効能・用量・副作用など

ポリグロンの基本情報

ポリグロン

ポリグロン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンAD主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 興亜製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ポリグロンの特徴

ポリグロンはビタミンA,ビタミンD2を主成分として,南方産の蛇油を処方したソフトカプセルの保健剤です。さらに,服用感をよくするために銅クロロフィルを配合してあります。
ビタミンAが不足すると,暗順応の減退により視力が弱まり夜盲症にかかりやすくなるだけでなく,皮膚や粘膜の上皮細胞の乾燥,角化がおこり,目では眼球の乾燥などをおこしやすくなります。
ビタミンAは夜盲症を予防し,粘膜の上皮細胞の乾燥による目の乾燥感を緩和します。
ビタミンDが不足するとカルシウムとリン酸のバランスがくずれ,骨塩の沈着・骨の石灰化の阻害,骨組織からのカルシウムの遊離を生じて,小児ではくる病にかかりやすくなったり,成人では骨軟化症や骨多孔症の原因になります。
エルゴカルシフェロール(ビタミンD2)は体内で活性型となり,カルシウムとリン酸の腸内吸収を促進させ,また,その血中濃度を正常に保つことにより,骨組織での骨の形成を促進して骨や歯を丈夫にします。
このようにポリグロンは発育ざかりのお子様から働き盛りの壮年,および老年期の方まで広くご愛用いただける保健剤です。

ポリグロンの効能効果

次の症状の緩和:目の乾燥感
骨歯の発育不良,夜盲症(とり目),くる病の予防
次の場合のビタミンADの補給:妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,発育期,老年期

ポリグロンの用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2カプセル:1回
7歳以上15歳未満:1カプセル:1回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を守ってください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ポリグロンの成分分量

2カプセル中
ビタミンA油 4000 I.U.
エルゴカルシフェロール 400 I.U.
(添加物)
蛇油,銅クロロフィル,香料,ゼラチン,グリセリン,白糖,エチルパラベン,赤色102号,青色1号

ポリグロンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人。
(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ポリグロンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿性のため湿気にご注意ください。ビンは密栓してください。
(5)ビン開け口の詰め物は輸送中のカプセル破損防止用です。開栓後は不要となりますので捨ててください。
(6)外箱及びラベルに表示の使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ポリグロンが気になる人向けのコラム

末端冷え性の改善方法とは? 足先が冷える原因と改善のポイント

末端まで血流を流してポカポカにするには? 末端にある足先は、最も冷えやすい箇所。血流を促し、自力で温まることができるようになる方法をご紹介します。 末端にあたる足先は、血液の巡りが一番後回しになる箇所 体温と血流は、深い関わりがありま... 続きを読む

4月2日は「歯列の日」。最先端の歯列矯正治療を紹介

4月2日は「歯列の日」の日です。歯並びの悪さは、見た目の問題だけではなく、全身の健康にも影響するとあって、大人になってから矯正治療をする人もいます。ただし、歯列矯正治療に対しては「痛そう」「治療中の見た目がイヤ」「何年もかかるのが負担」... 続きを読む

心の中の不安や葛藤が招く「不安障害」-不安がある人の言動とは

人間の心に不安や葛藤はつきものです。ましてやストレスの多い現代社会に生きる者にとって、なんの不安も抱えずに一生を過ごすことは不可能といってもいいのではないでしょうか。仮に「自分には、不安というものがまったくない」という人がいたとしても、そ... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む

歯の黄ばみを取るならどっち? 2種類のホワイトニンング方法

「芸能人は歯がいのち」というテレビのCMが話題になったことがありますが、近年、美容的な目的で歯を白くしたいという人たちが増えてきました。虫歯のない、歯並びのきれいな白い歯は、大きなチャームポイントになります。
アメリカでは、15年ほど前... 続きを読む