セルメEC顆粒の効能・用量・副作用など

セルメEC顆粒の基本情報

セルメEC顆粒

セルメEC顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンEC主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

セルメEC顆粒の特徴

○天然型ビタミンEを300mg,ビタミンCを2000mg配合
ビタミンE,Cの作用を助ける,ビタミンB2・B6をさらにプラスし,酸味を抑えた顆粒です。
○しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着を緩和(主に,ビタミンC・B2・B6の働きです)
お肌のトラブルの原因であるメラニン色素(シミ・ソバカスの原因)が作られるのを防ぐとともに,お肌の新陳代謝を高めて,色素沈着を緩和します。
○過酸化脂質の増加を防止し,血行を促進(主に,ビタミンE・C・B2の働きです)
老化の一因として注目されている過酸化脂質の増加を防ぐとともに,毛細血管の働きを良くし,末梢レベルでの血行障害の症状(肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷えなど)をやわらげます。
○持ち運びに便利なスティック包装で,さわやかに服用できます

セルメEC顆粒の効能効果

次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血。
末梢血行障害による次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ。
次の場合のビタミンECの補給:肉体疲労時,病中病後の体力低下時,老年期

セルメEC顆粒の用法用量

[年齢:1回量:用法]
成人(15才以上):1包:1日1?3回服用してください。ただし,1日2回服用する場合は朝夕,1日3回服用する場合は朝昼夕に服用してください。
15才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
●定められた用法・用量を守ってください。
〈成分・分量に関連する注意〉
(1)尿糖の検査を受けている場合,アスコルビン酸(ビタミンC)の作用により尿糖の検出が妨害されることがありますので,本剤を服用していることを医師にお知らせください。
(2)本剤に配合されているリボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル)により,尿が黄色になることがあります。

セルメEC顆粒の成分分量

3包中
アスコルビン酸 2000mg
酢酸d-α-トコフェロール 300mg
リボフラビン酪酸エステル 12mg
ピリドキシン塩酸塩 45mg
(添加物)
精製白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,部分アルファー化デンプン,香料

セルメEC顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

セルメEC顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

セルメEC顆粒に効果効能が似た薬

セルメEC顆粒が気になる人向けのコラム

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

目の下の青いクマと茶色いクマの違いとは-2種類のクマの解消法

目の下の「クマ」、気になりませんか?
若い人から年配の人まで、目の下にできる「クマ」は、病気でもないのにやつれて見えたり、老けて見えたりする原因になってしまいます。お肌のお手入れだけでは治りにくく、「とりあえずメイクで隠す」という人も多い... 続きを読む

肩や背中のこわばりを解消するツボとマッサージ方法-イラスト解説付き

一歩ずつ春に近づいているとはいえ、まだまだ寒さはこたえます。前回は寒い季節に起こりがちな足の冷えからくる腰痛対策を紹介しました。今回は、寒さや手の冷えからくる肩と背中のこりによく効くツボマッサージを紹介します。
寒いとどうしてもうつむ... 続きを読む

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む