ハイECの効能・用量・副作用など

ハイECの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンEC主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 明治製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ハイECの特徴

ビタミンEは,血行をよくし,肩や首すじのこり,手足のしびれや冷え,しもやけを緩和します。また,体内で脂肪が酸化されてできる過酸化脂質の増加を防ぎ,色素沈着を緩和します。
ビタミンCは,細胞と細胞を結びつけるたんぱく質(コラーゲン)の生成に関与し,血管壁を丈夫にします。また,メラニン色素の生成をおさえ,しみ,そばかす,日やけ・かぶれによる色素沈着を緩和します。

ハイECの効能効果

末梢血行障害による次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ。
次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血。
次の場合のビタミンECの補給:肉体疲労時,病中病後の体力低下時,老年期

ハイECの用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2カプセル:1?3回
11歳以上15歳未満:1カプセル:2?3回
7歳以上11歳未満:1カプセル:1?3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
1日2回服用する場合は朝夕,1日3回服用する場合は朝昼晩服用する。
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ハイECの成分分量

6カプセル中
酢酸d-α-トコフェロール 300mg
アスコルビン酸 600mg
(添加物)
サラシミツロウ,サフラワー油,ゼラチン,コハク化ゼラチン,グリセリン,エチルパラベン,プロピルパラベン,酸化チタン,赤色102号,青色1号,ポリソルベート80

ハイECの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は,服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
5.生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ハイECの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない,涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)期限をすぎた製品は服用しないでください。

ハイECが気になる人向けのコラム

血行を改善する手もみダイエット

手もみ
手もみダイエットは、手をもむだけの簡単ダイエットです。
手をもむと手が温まりますよね。
血行が促進されている証拠なのですが、この手の血流が良くなると、全身の血流も良くなります。
手だけでなく、頭や足まで行き渡り、体を温め代... 続きを読む

シミ、肝斑、そばかすをセルフケアで無くそう

シミにも種類がある
女性にとって老けて見えたり、不健康に見えたりする「シミ」は本当に無くなってほしいですし、できるだけ作りたくないものですよね。ただ、単にシミと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。大きく分けて「肝斑」と「そば... 続きを読む

ビタミンミネラルたっぷりの緑豆ダイエット

緑豆
緑豆と言ったら緑豆春雨をイメージする人が多いと思いますが、ダイエットのためにそのままの状態で食べるのもオススメです。
緑豆には体に嬉しい栄養がたっぷり含まれています。
老廃物の排出を助けてくれる食物繊維や、体組織を作ってくれる... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

サプリで摂りたいビタミン・ミネラル【目的別サプリえらび】

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか? 「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制... 続きを読む