ビタッシュECの効能・用量・副作用など

ビタッシュECの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンEC主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 二反田薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタッシュECの特徴

ビタッシュECは,天然型ビタミンE,ビタミンC,ビタミンB2,ビタミンB6を配合した製剤で,主にビタミンEの血行障害を改善する作用と,ビタミンCの毛細血管強化作用が協力しあって,効果を発揮します。
〈特徴〉
1.天然型ビタミンEは数多くのビタミンE同族体のうち,体内での効力がすぐれています。
2.天然型ビタミンE,ビタミンCにビタミンB2,B6を配合しています。
3.芳香があり,酸味と甘味のある黄色の顆粒剤です。

ビタッシュECの効能効果

末梢血行障害による次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ。
次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血。
次の場合のビタミンECの補給:肉体疲労時,病中病後の体力低下時,老年期

ビタッシュECの用法用量

次の1回量を1日1?3回服用する。ただし,1日2回服用する場合は朝夕,1日3回服用する場合は朝昼晩に服用する。
[年齢:1回量]
15歳以上:1包
11?14歳:2/3包
7?10歳:1/2包
3?6歳:1/3包
3歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

ビタッシュECの成分分量

3包(6g)中
酢酸d-α-トコフェロール 300mg
酪酸リボフラビン 12mg
塩酸ピリドキシン 50mg
アスコルビン酸 2000mg
(添加物)
キシリトール、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、グリチルリチン酸二カリウム、香料、白糖

ビタッシュECの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
医師の治療を受けている人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感
(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合。
3.生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,医師又は薬剤師に相談して下さい。
4.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談して下さい。
便秘,下痢

ビタッシュECの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない,涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用して下さい。

ビタッシュECが気になる人向けのコラム

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

梅の健康効果を取り入れよう! 3つの効果と4つの調理方法

早春に花を咲かせた梅が、6月になると枝もたわわに実をつけ、収穫の時期を迎えます。6月は梅仕事の月とも言われ、収穫した梅の実は梅干しや梅酒、梅シロップ、梅ジャムなどさまざまに工夫され、保存食として私たちの健康を支えてくれます。
ただし、青... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

シャープな首のラインを手に入れる方法-肌のたるみ・くすみ改善

ストレスがたまってくると、体全体の血行がわるくなり、内臓の機能も低下してくるのをご存知ですか?
体の中からきれいを引き出すためには、ストレスを取り除いて体全体の血行をよくし、胃腸などの内臓を元気に保っておくことが重要です。
ストレスを... 続きを読む