フルタイムECの効能・用量・副作用など

フルタイムECの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンEC主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 ダイト
販売会社 白石薬品
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

フルタイムECの特徴

・生理活性のすぐれたアルファ型である天然型ビタミンEに、ビタミンC、持続型のビタミンB2を配合したビタミンEC主薬製剤です。
・ビタミンEは、末梢の血行をよくし、肩・首筋のこりや手足のしびれ・冷えなどの諸症状を緩和します。
また、色素沈着の原因となる過酸化脂質の増加をおさえます。
・ビタミンCは、皮膚のメラニンに働いてしみ、そばかすなどの色素沈着の緩和に効果があり、また毛細血管を丈夫にし、歯ぐきからの出血や鼻出血を予防します。
・肌に関わりの深いビタミンB2も配合しています。
・のみやすく、サラサラとした黄色の顆粒です。

フルタイムECの効能効果

・末梢血行障害による次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり、手足のしびれ・冷え、しもやけ
・次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、日焼け・かぶれによる色素沈着
・次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血
「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師又は歯科医師に相談すること。」
・次の場合のビタミンECの補給:肉体疲労時、病中病後の体力低下時、老年期

フルタイムECの用法用量

次の量を服用してください。1日2回服用する場合は服用間隔を6時間以上、1日3回服用する場合は服用間隔を4時間以上おいてください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:1?3回
11歳?14歳:2/3包:1?3回
7歳?10歳:1/2包:1?3回
3歳?6 歳:1/3包:1?3回
1歳?2 歳:1/4包:1?3回
1歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)用法・用量を厳守してください。

フルタイムECの成分分量

3包(6g、成人の1日最大服用量)中(1包は2g入です)
酢酸d-α-トコフェロール(酢酸d-α-トコフェロール) 300mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 2,000mg
リボフラビン酪酸エステル(リボフラビン酪酸エステル) 12mg
(添加物)
白糖、トウモロコシデンプン、ポビドン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、無水ケイ酸、香料、l-メントール、エチルバニリン、ラッカセイ油

フルタイムECの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、胃部不快感
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘、下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

フルタイムECの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)1包を分割して服用した残りは袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください。

フルタイムECが気になる人向けのコラム

【医師が教える】やればやるほど老ける運動・若返る運動

体を動かすのもおっくうだった冬の峠を抜け、「久しぶりに運動でもしてみようかな?」と思っている人も多いのではないでしょうか。 「体はしっかり使って躍動させることで、どんどんと性能がアップしていきます。体を使うことを習慣化している女性は、心... 続きを読む

検診を受けていた方が寿命が短い? 健康診断や人間ドックの必要性

健康診断を受けたら
寿命が縮むかも!? 「検診を毎年受けている人たちと、受けていない人たちの生存年数の比較調査では『検診を受けていた人たちの方が、寿命が短い』という結果が出ているんです」と指摘するのは、内科医で予防医学の第一人者、新潟大学... 続きを読む

足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に

素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけたいもの。普段はあまり気にしていないかもしれませんが、足の小指のつけねが痛い人は、もしかしたら内反小趾(ないはんしょうし)かもしれません。 外反拇趾に比べて知られていない内反... 続きを読む

健康診断の心電図で何がわかるの? ジグザグの波形が示す心臓の状態

心電図は不整脈や心筋梗塞などの診断に役立ち、異常の場所の特定にも役立ちます。心筋細胞の収縮による電気を皮膚の上から記録。ただし全ての心臓の異常がわかるわけではないことにも注意。 心臓細胞が発する電気によって心拍のリズムや心筋の異常がわか... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む