タフボンEXの効能・用量・副作用など

タフボンEXの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1B6B12主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 田村薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

タフボンEXの特徴

仕事や家庭などで“疲れ””が溜まってくると,日常的に目の疲れや肩こり,腰痛などが,出てきます。また私たち日本人の主食である,ごはんやパン・めん類を代謝する際,ビタミンB群を大量に使用するため,欠乏症である神経症状が出やすくなります。
タフボンEXは,これら不快な症状をやわらげるために,ビタミンB1誘導体フルスルチアミンに,同じビタミンB群のビタミンB6・ビタミンB12・ニコチン酸アミドに天然型ビタミンE・γ-オリザノールを配合した製品です。
☆ビタミンB群……体の中に溜まった疲労物質(乳酸)を取り除きます。
☆天然型ビタミンE……末梢血管を拡げ血行をよくし,筋肉の緊張をゆるめます。
☆γ-オリザノール……神経痛・関節痛に伴う“しびれ””を改善します。

タフボンEXの効能効果

次の諸症状※の緩和:神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,眼精疲労。
次の場合のビタミンB1B6B12の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

タフボンEXの用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:2?3錠:1回食後に服用
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
●用法・用量を厳守すること。

タフボンEXの成分分量

3錠中
フルスルチアミン塩酸塩 109.16mg
ピリドキシン塩酸塩 100mg
シアノコバラミン 1500μg
ニコチン酸アミド 30mg
コハク酸d-α-トコフェロール 100mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
ケイ酸カルシウム,リン酸水素カルシウム,無水ケイ酸,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ステアリン酸カルシウム,セラック,マクロゴール,タルク,白糖,アラビアゴム,ゼラチン,酸化チタン,炭酸カルシウム,リボフラビン,トウモロコシデンプン,カルナウバロウ

タフボンEXの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐,口内炎
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがある。出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

タフボンEXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。

タフボンEXが気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

そうめんダイエットについて

めん類
夏の定番料理ともいえるそうめんですが、ダイエットにも適しているようです。そうめんが炭水化物であることは、承知の事実であると思われます。しかしながら、消化が良くてスルスルと食べることが出来る上にアレンジが可能なそうめんです。長期戦... 続きを読む

若年層も四十肩・五十肩に利く治療方法をご紹介

四十肩・五十肩とは

50歳前後の人によく起こる、肩や腕の凝りや痛み。五十腕。
ごじゅうかた【五十肩】の意味 - 国語辞書 - goo辞書


医学的には「肩関節周囲炎」といって、肩関節周囲の組織が傷ついて炎症がおこり、痛みや... 続きを読む

筋トレと有酸素運動を交互にするサーキットダイエット-3分で効果大!

ダイエットのための運動というと1回に何十分も続けなくてはならないと思われがちですが、1日3分でも効果があるという運動法があります。その名は、アメリカ生まれの「サーキットダイエット」。3分でOKという秘密は、ネーミングにある「サーキット」と... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む