ナボリンSの効能・用量・副作用など

ナボリンSの基本情報

ナボリンS

ナボリンS

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1B6B12主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 エーザイ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ナボリンSの特徴

肩こり,腰痛は,肩や腰に過度な負担がかかって起こります。同じ姿勢を続けたり,無理な姿勢をとることで,肩や腰の筋肉が硬くなったり,神経が傷ついて,コリや痛みを起こすことがあります。
ナボリンSには,筋肉疲労に効果のあるビタミンB1,血行不良を改善するビタミンE,末梢神経のキズを修復する活性型ビタミンB12(メコバラミン)が含まれています。また,メコバラミンの働きを強化する葉酸も配合し,“もんでも届かないコリ””として感じる肩こり,腰痛によく効きます。

ナボリンSの効能効果

次の諸症状※の緩和:筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),神経痛,手足のしびれ,眼精疲労

ナボリンSの用法用量

次の量を食後に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1日3回
小児(15歳未満):服用しないこと
(用法関連注意)

ナボリンSの成分分量

3錠中
メコバラミン 1500μg
葉酸 5mg
酢酸d-α-トコフェロール 100mg
フルスルチアミン塩酸塩 109.16mg
ピリドキシン塩酸塩 100mg
(添加物)
タルク,炭酸カルシウム,トウモロコシデンプン,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,カルナウバロウ,ケイ酸カルシウム,酸化チタン,ステアリン酸,ステアリン酸マグネシウム,セラック,セルロース,二酸化ケイ素,白糖,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),プルラン,ポビドン,マクロゴール,リン酸水素カルシウム

ナボリンSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる]
次の人は服用しないでください。
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
医師の治療を受けている人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,口内炎,食欲不振,胃部不快感
精神神経系:めまい
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれます。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,下痢,軟便
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ナボリンSの保管上の注意

(1)箱に入れ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。(本剤は光に対して不安定です。)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。また,本容器内に他の薬剤等を入れないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)容器内に乾燥剤が入っています。服用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
(6)使用期限内であっても容器のキャップを一度開けた後は,品質保持の点から6ヵ月以内を目安に使用してください。箱の内ブタの「開封年月日」欄に,開封日を記入してください。
(7)キャップの上ブタを閉める時は,カチッと音がするまで押し込んでください。
(8)錠数が残り少なくなると出にくい場合があります。キャップ本体を外して取り出してください。

ナボリンSが気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

若年層も四十肩・五十肩に利く治療方法をご紹介

四十肩・五十肩とは

50歳前後の人によく起こる、肩や腕の凝りや痛み。五十腕。
ごじゅうかた【五十肩】の意味 - 国語辞書 - goo辞書


医学的には「肩関節周囲炎」といって、肩関節周囲の組織が傷ついて炎症がおこり、痛みや... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

体のコリに注意!運動性とストレス性があるコリ|マッサージで解消

肩や背中、腰などのコリはゆううつなもの。「デスクワークが多くて、運動不足だから・・・」そう思ってあきらめているあなたも、実はストレスからコリが起こっているのかもしれません。
コリには運動性のものとストレス性のものがあります。運動性のコ... 続きを読む

入浴中のマッサージで冷え性・肩こりを撃退! マッサージ方法とは

疲れたときはお風呂に入ってのんびりするのが一番ですね。ストレスや疲れでこり固まった体がほぐれてくると、気持ちまでやわらかーくなっていく感じがしませんか?
なかでもリラックス効果の高いのが半身浴。やりかたは簡単です。
38~40度のぬる... 続きを読む