アニマリンL錠の効能・用量・副作用など

アニマリンL錠の基本情報

アニマリンL錠

アニマリンL錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アニマリンL錠の特徴

◆アミノ酸は三大栄養素のひとつで,体を構成するタンパク質のもととなる重要な栄養素です。
◆その中で,体内では合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と言います。
◆アニマリンL錠は,必須アミノ酸にビタミンB群・Eを配合した保健薬です。

アニマリンL錠の効能効果

大人(15才以上):肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質。小児(7?14才):小児の発育期・偏食児・栄養障害・病中病後・胃腸障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質

アニマリンL錠の用法用量

次の量を水又はぬるま湯で服用してください。
[年令:1回量:服用回数]
大人(15才以上):2錠:1日1?2回
小児(7?14才):1錠:1日1?2回
7才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)ぬれた手等で触れた錠剤はびんに戻さないでください。(変色等の原因となり,品質が変わることがあります)

アニマリンL錠の成分分量

2錠中
L-イソロイシン 30mg
L-ロイシン 34mg
L-リジン塩酸塩 37.5mg
L-フェニルアラニン 20mg
L-メチオニン 30mg
L-トレオニン 20mg
L-トリプトファン 10mg
L-バリン 30mg
L-アルギニン塩酸塩 20mg
チアミン硝化物 10mg
リボフラビン 4mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 5mg
ニコチン酸アミド 30mg
(添加物)
トウモロコシデンプン,セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,硬化油,白糖,ヒプロメロース,プロピレングリコール,酢酸セルロース,炭酸カルシウム,タルク,ゼラチン,アラビアゴム,無水ケイ酸,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,酸化チタン,カルナウバロウ

アニマリンL錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:胃部不快感
2.服用後,次のような症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アニマリンL錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ変えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後は6ヵ月以内に服用してください。(品質保持のため)

アニマリンL錠が気になる人向けのコラム

大人もかかるマイコプラズマ肺炎の怖さ

マイコプラズマ肺炎とは
マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという病原体によって引き起こされます。感染経路はマイコプラズマの感染者からの飛沫感染や濃厚接触による接触感染の2種類があります。


流行性で、若年者に多い。
マイコプラ... 続きを読む

大人がうつると大変なヘルパンギーナに要注意

高熱とのど奥の水疱が主症状
ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。


毎年7月ごろをピ... 続きを読む

風邪に似てる大人も気をつけたい溶連菌感染症

溶連菌感染症ってかかるとどうなるの
溶連菌感染症とは、色々な種類がある溶連菌に感染しておこる病気の総称であり特に問題になりやすいのがA群β型溶連菌という溶連菌です。A群β型溶連菌に感染しておこる溶連菌感染症にも様々な種類があります。
... 続きを読む

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

冬にも広がる大人も感染するプール熱とは

プール熱はプールでだけうつる病気なのか
正式には「咽頭結膜熱」という病気ですが、プールで感染することがたびたびあるため、一般的に「プール熱」と呼ばれています。アデノウイルスが病原体で、約1週間前後の潜伏期間を経て症状の出るケースが多いよ... 続きを読む