アニマリンL錠の効能・用量・副作用など

アニマリンL錠の基本情報

アニマリンL錠

アニマリンL錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アニマリンL錠の特徴

◆アミノ酸は三大栄養素のひとつで,体を構成するタンパク質のもととなる重要な栄養素です。
◆その中で,体内では合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と言います。
◆アニマリンL錠は,必須アミノ酸にビタミンB群・Eを配合した保健薬です。

アニマリンL錠の効能効果

大人(15才以上):肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質。小児(7?14才):小児の発育期・偏食児・栄養障害・病中病後・胃腸障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質

アニマリンL錠の用法用量

次の量を水又はぬるま湯で服用してください。
[年令:1回量:服用回数]
大人(15才以上):2錠:1日1?2回
小児(7?14才):1錠:1日1?2回
7才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)ぬれた手等で触れた錠剤はびんに戻さないでください。(変色等の原因となり,品質が変わることがあります)

アニマリンL錠の成分分量

2錠中
L-イソロイシン 30mg
L-ロイシン 34mg
L-リジン塩酸塩 37.5mg
L-フェニルアラニン 20mg
L-メチオニン 30mg
L-トレオニン 20mg
L-トリプトファン 10mg
L-バリン 30mg
L-アルギニン塩酸塩 20mg
チアミン硝化物 10mg
リボフラビン 4mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 5mg
ニコチン酸アミド 30mg
(添加物)
トウモロコシデンプン,セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,硬化油,白糖,ヒプロメロース,プロピレングリコール,酢酸セルロース,炭酸カルシウム,タルク,ゼラチン,アラビアゴム,無水ケイ酸,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,酸化チタン,カルナウバロウ

アニマリンL錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:胃部不快感
2.服用後,次のような症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アニマリンL錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ変えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後は6ヵ月以内に服用してください。(品質保持のため)

アニマリンL錠が気になる人向けのコラム

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

学習障害 LD(発達障害)の種類と特徴‐大人になるとどんな支障がでる?

ある特定の学習分野の能力のみが困難になる学習障害(LD)。学習に限定された障害のため、学校が始まるまで気づかなかったり、苦手分野だと思い込んでいて、大人になってから診断を受ける人もあります。症状などの特徴をご紹介します。 学習障害(L... 続きを読む

飲む点滴「甘酒」で夏バテ防止‐甘酒はダイエットや美肌効果も抜群

塩麹(こうじ)に醤油麹と麹ブームが続いていますが、この季節に注目したいのが麹を使ってつくる発酵飲料「甘酒」です。甘酒というと、寒い季節に飲む体を温める飲み物というイメージが強いかもしれませんが、実は甘酒は夏の季語。
江戸時代には、冷た... 続きを読む

糖質

糖質は人の体にとって重要なエネルギー源。タンパク質、脂質と並ぶ三大栄養素の一つである、炭水化物の主成分です。
糖と言えば「甘いもの」と思いがちですが、穀類やイモ類、果物などに多く含まれています。 「糖質は、同じように体のエネルギー源とな... 続きを読む

クロレラ

クロレラは、湖や池で見られる緑色のプランクトンで藻の一種。1890年に発見され、ギリシャ語の緑(chloros=クロロス)と、ラテン語の小さい(ella=エラ)というコトバを組み合わせて「クロレラ」という名前になりました。 「地球の誕生時... 続きを読む