コンクレバンの効能・用量・副作用など

コンクレバンの特徴

コンクレバンは肝臓(レバー)を酵素で分解した肝臓加水分解物や心臓エキスとビタミンB1・B2・B6・B12を配合した滋養強壮の液剤です。
胃腸障害や栄養障害,発熱で体力が消耗している時,いろいろな病気で体力が衰えている時,肉体疲労の時,妊娠中・授乳期などの栄養補給に好適です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤 
製造会社 日水製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC エルシスホワイト240   DHC チアニンローヤル   DHC ヘパトレバ   DS滋養内服液C   JAセイカンゴールド内服液  



コンクレバンの効能・効果

滋養強壮。虚弱体質。肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

コンクレバンの用法・用量

通常1日量30mLを2~3回に分けて随時服用する。
(計量には添付の目盛り付きコップを使用ください。数字の単位はmLです。)
(用法関連注意)

コンクレバンの成分・分量

30mL中
肝臓加水分解物 600mg
心臓エキス 300mg
チアミンジスルフィド 13.5mg
リボフラビン 3mg
ピリドキシン塩酸塩 3mg
シアノコバラミン 30μg
(添加物)
クエン酸水和物,パラベン,プロピレングリコール,pH調節剤,香料,ハチミツ,白糖,ブドウ糖,カラメル

コンクレバンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は,副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書をもって医師,薬剤師または登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書をもって医師,薬剤師または登録販売者に相談すること。

コンクレバンの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手のとどかない所に保管すること。
3.他の容器に入れかえないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
4.開栓後はフタをしっかりしめ,冷蔵庫に立てて保管すること。
5.雑菌などの汚染の恐れがあるので,ビンの口に直接口をつけて服用したり,目盛り付きコップに入れたものをビンに戻さないこと。
6.品質保持の点から,開栓後3週間以内に服用すること。
7.服用途中,味・においなどに変化があり異常を感じた場合には,直ちに服用を中止すること。
8.ビンの口,目盛り付きコップは清潔に保つこと。
9.表示の使用期限を過ぎたものは服用しないこと。