ドックマン肝寿の効能・用量・副作用など

ドックマン肝寿の基本情報

ドックマン肝寿

ドックマン肝寿

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ドックマン肝寿の特徴

ドックマン肝寿は,L-システイン、肝臓加水分解物、グリチルリチン酸、ビタミンなどを配合した,滋養強壮剤です。
疲れやすい時などの滋養強壮や,肉体疲労、食欲不振時などの栄養補給に適しています。

ドックマン肝寿の効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・
妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ドックマン肝寿の用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:4錠:2回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
錠剤の取り出し方
(1)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、
取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突
き刺さる等思わぬ事故につながる。)
(2)本剤は水又はぬるま湯で服用してください。

ドックマン肝寿の成分分量

8錠中
肝臓加水分解物 200mg
胆汁エキス末 50mg
L-システイン 120mg
グリチルリチン酸 20mg
葉酸 1mg
グリシン 60mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 240mg
リボフラビン酪酸エステル 12mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
(添加物)
ゼラチン,タルク,炭酸カルシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,カルナウバロウ,
還元麦芽糖水アメ,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),硬化油,酸化チタン,
ステアリン酸マグネシウム,セルロース,白糖,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),
ポビドン,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,マクロゴール,
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,リン酸水素カルシウム,リン酸リボフラビンナトリウム

ドックマン肝寿の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止
し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強
が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ドックマン肝寿の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

ドックマン肝寿に効果効能が似た薬

ドックマン肝寿が気になる人向けのコラム

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。
自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポ... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む