ハイゼリー顆粒の効能・用量・副作用など

ハイゼリー顆粒の基本情報

ハイゼリー顆粒

ハイゼリー顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 散剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ハイゼリー顆粒の特徴

*自律神経系などに作用して滋養強壮効果をあらわすローヤルゼリーを有効成分として配合した医薬品です。
*疲れやだるさを感じたとき,体調がすぐれないときなどの栄養補給に優れた効果を発揮します。毎日の生活にハリと元気を

*ローヤルゼリーとともに身体の内側から働くビタミンB6・Eを配合しました。
*携帯に便利なスティックタイプ,服用しやすいサラサラ顆粒です。

ハイゼリー顆粒の効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

ハイゼリー顆粒の用法用量

成人(15才以上)1回1包,1日2回服用してください。
なお,15才未満は服用しないでください。
(用法関連注意)
●定められた用法・用量を守ってください。

ハイゼリー顆粒の成分分量

2包中
ローヤルゼリー 600mg
トコフェロール酢酸エステル 100mg
ピリドキシン塩酸塩 12mg
(添加物)
エリスリトール,トレハロース,ポビドン,バレイショデンプン,ケイ酸カルシウム,乳糖水和物

ハイゼリー顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:下痢,胸やけ,吐き気,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ハイゼリー顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ハイゼリー顆粒が気になる人向けのコラム

パーキンソン病とは-主な4つの症状と治療法について

パーキンソン病は、主として働き盛りに発症する病気であるだけに、職場の理解や家族の協力、社会的な支援も大切な支えになります。同時に患者同士の情報交換も励みになり、最近はインターネットの活用も盛んです。その一つ「APPLE
明るく生きるパーキ... 続きを読む

αGG

美肌を作る作用から、いま化粧品などで話題に。正式には「α-グルコシルグリセロール」といい、もともとは日本酒に含まれる旨み成分です。「清酒白鹿」で知られる辰馬本家酒造の研究者が独自に抽出、その機能性の応用が注目されています。 「日本酒はお米... 続きを読む

家事を頑張れば運動不足も解消できちゃう? 一石二鳥のダイエット

まもなく年末の大掃除(そうじ)の季節。普段からきれいにしている人には楽勝でも、忙しさにかまけて放っておいた人にとっては、考えるだけ気が重くなってしまいます。しかしこの大掃除、実は健康づくりにも役立つ「生活活動」なのです。

厚生労働省... 続きを読む

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

コラーゲン

コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨に含まれるタンパク質の一種です。人間の体の20%がタンパク質でできていますが、その約3分の1をコラーゲンが占めています。ところが25歳を過ぎた頃から急速に減少し始め、さらには紫外線によるダメージや喫煙による悪... 続きを読む