バンスターミンの効能・用量・副作用など

バンスターミンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 日本医薬品製造
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

バンスターミンの特徴

バンスターミンは古来より強壮生薬として貴ばれて来た鹿茸,反鼻,イカリ草等にニンニク抽出液より揮発成分を取り除き胃腸障害等の副作用をなくした無臭有効成分オキソアミヂン末及びビタミンB1,B2,B6,E等を配合した滋養強壮剤です。次の効能・効果を期待される方によく効くようになっております。日頃肉体疲労等で体力の消耗が激しい方,虚弱体質・胃腸障害等で体力が衰えている方,積極的に体力アップを望まれる方などに毎日の健康維持・増進のため是非バンスターミンをお奨めいたします。

バンスターミンの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

バンスターミンの用法用量

15才以上1回1カプセル,1日2回食後に服用して下さい。
(用法関連注意)
用法・用量を厳守して下さい。

バンスターミンの成分分量

2カプセル中
ハンピ末 150mg
ロクジョウ末 20mg
イカリソウエキス 60mg (イカリソウ末600mg)
オキソアミヂン末 100mg (ニンニク10g)
チアミン硝化物 10mg
リボフラビン 4mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
ニコチン酸アミド 30mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),乳糖水和物,ラウリル硫酸ナトリウム,ゼラチン,青色1号,赤色3号,黄色5号

バンスターミンの使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
■しばらく服用しても症状の改善がみられない場合

バンスターミンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

バンスターミンに効果効能が似た薬

バンスターミンが気になる人向けのコラム

何気ない動作で起こる「ぎっくり腰」!対処法と予防のためのストレッチ

ふと立ち上がった拍子に腰に激痛が!
息が止まるような痛みに襲われて、思わずしゃがみこんでしまう。少し体を動かしただけでも痛いので、動けない……こんな体験をした人はありますか?
これは、西洋では「魔女のひと突き」と呼ばれるぎっくり腰の症状で... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む

女性は特に日課にしたい「骨盤底」ケア どこでもできる筋トレ

骨盤底は、骨盤の下にあるハンモック状の筋肉群。膀胱、子宮、直腸などの腹部臓器を支えていて、筋肉にゆるみができると、尿もれ、尿意の切迫感、性器脱など、さまざまな障害が起こります。
筋肉は、肥満や妊娠、さらに加齢によって、ゆるみやすくなり... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む