バンスターミンの効能・用量・副作用など

バンスターミンの特徴

バンスターミンは古来より強壮生薬として貴ばれて来た鹿茸,反鼻,イカリ草等にニンニク抽出液より揮発成分を取り除き胃腸障害等の副作用をなくした無臭有効成分オキソアミヂン末及びビタミンB1,B2,B6,E等を配合した滋養強壮剤です。次の効能・効果を期待される方によく効くようになっております。日頃肉体疲労等で体力の消耗が激しい方,虚弱体質・胃腸障害等で体力が衰えている方,積極的に体力アップを望まれる方などに毎日の健康維持・増進のため是非バンスターミンをお奨めいたします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル 
製造会社 日本医薬品製造
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC エルシスホワイト240   DHC チアニンローヤル   DHC ヘパトレバ   DS滋養内服液C   JAセイカンゴールド内服液  



バンスターミンの効能・効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

バンスターミンの用法・用量

15才以上1回1カプセル,1日2回食後に服用して下さい。
(用法関連注意)
用法・用量を厳守して下さい。

バンスターミンの成分・分量

2カプセル中
ハンピ末 150mg
ロクジョウ末 20mg
イカリソウエキス 60mg (イカリソウ末600mg)
オキソアミヂン末 100mg (ニンニク10g)
チアミン硝化物 10mg
リボフラビン 4mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
ニコチン酸アミド 30mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),乳糖水和物,ラウリル硫酸ナトリウム,ゼラチン,青色1号,赤色3号,黄色5号

バンスターミンの使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
■しばらく服用しても症状の改善がみられない場合

バンスターミンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。