パパーゼリー5の効能・用量・副作用など

パパーゼリー5の基本情報

パパーゼリー5

パパーゼリー5

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 ゼリー剤
製造販売会社 大木製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

パパーゼリー5の特徴

パパーゼリー5は,ビタミンA,B6,C,D2,Eとパントテン酸カルシウムを配合したかんで容易に服用していただけるいちご風味の甘いゼリー状ビタミン剤です。お子さまが,かぜなどの発熱や下痢などでぐったりしているときや,食事が進まないときなどの栄養補給に適しています。偏食が気になる育ちざかりのお子さま,虚弱体質の方にもおすすめします。

パパーゼリー5の効能効果

幼小児の発育期・偏食児・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質

パパーゼリー5の用法用量

次の量を随時服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2粒:1回
小児(1歳?14歳):1粒:1回
1歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)乳児(1歳未満)に服用させないでください。
(2)必ずかんで服用してください。
(3)定められた用法・用量をお守りください。
(4)幼児(1歳?6歳)に服用させる場合には,のどにつかえることのないようよく注意してください。
(5)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

パパーゼリー5の成分分量

2個中
レチノール油 4mg
エルゴカルシフェロール 0.01mg
酢酸トコフェロール 5mg
ピリドキシン塩酸塩 1mg
アスコルビン酸 40mg
パントテン酸カルシウム 6mg
(添加物)
水アメ,白糖,カンテン,ペクチン,赤色106号,香料,その他2成分

パパーゼリー5の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり副作用・事故が起こりやすくなります。]
次の人は服用しないでください。
●本剤は,乳児(1歳未満)に服用させないでください。
■相談すること
1.次の人は,服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヶ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人,又は妊娠を希望する人。(妊娠3ヶ月前から妊娠3ヶ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に,先天異常の割合が上昇したとの報告があります。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,下痢
3.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は,服用を中止し,この文書を持って,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

パパーゼリー5の保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限(紙箱又は容器の底に記載しています)の過ぎたものは服用しないでください。
(5)本剤はゼリータイプのため,保管状況によっては変色やひび割れが発生することがありますが,医薬品の本質には問題ありませんので,そのまま服用ください。

パパーゼリー5が気になる人向けのコラム

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 2

仲間と賑やかにしているのが好きで、いつも誰かがそばにいないとダメな甘えん坊さんがこのタイプ。脳のクセでいえば「報酬依存」傾向の強い人です。
この場合の報酬とは、「周りから認められているという実感」のことで、これがないと不安になり、拒絶さ... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 1

好き嫌いの傾向は、遺伝子や育ち方、環境要因と密接なかかわりのある「脳のクセ」に影響されます。逆にいえば、脳のクセを知ることで、自分に合ったストレス対策を見つけることができるとも考えられます。
まずは、「脳のクセを知るテスト」のABCD... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む