パンビタンハイの効能・用量・副作用など

パンビタンハイの基本情報

パンビタンハイ

パンビタンハイ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

パンビタンハイの特徴

●パンビタンハイは,健康維持に必要な10種のビタミンとカルシウム,マグネシウムの補給を目的とした保健薬です。
●現代の食生活を考慮してつくられた栄養保健薬です。
●食事からの摂取では不足しがちなカルシウム,マグネシウムをバランスよく補給します。
●白色?わずかに黄色をおびた白色の錠剤です。

パンビタンハイの効能効果

(15才以上)
次の場合の栄養補給:食欲不振・栄養障害・病中病後・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期・肉体疲労など,虚弱体質,滋養強壮。
(14才?5才)
次の場合の栄養補給:小児の発育期・偏食児・食欲不振・栄養障害・病中病後・発熱性消耗性疾患など,虚弱体質,滋養強壮

パンビタンハイの用法用量

次の量を,食後に水またはお湯で,かまずに服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:3錠:1回
11歳?14歳:2錠:1回
5歳?10歳:1錠:1回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

パンビタンハイの成分分量

3錠中
レチノールパルミチン酸エステル 2000ビタミンA単位
エルゴカルシフェロール 200 I.U.
フルスルチアミン 10mg (フルスルチアミン塩酸塩10.9mg)
リボフラビン 7mg
ピリドキシン塩酸塩 9mg
ニコチン酸アミド 75mg
パントテン酸カルシウム 30mg
シアノコバラミン 13μg
アスコルビン酸 250mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
沈降炭酸カルシウム 81.5mg
無水リン酸水素カルシウム 85mg
(カルシウム60mg)
炭酸マグネシウム 120.2mg (マグネシウム30mg)
(添加物)
トウモロコシ油,ビタミンE,ラウリン酸ソルビタン,ゼラチン,白糖,タルク,グリセリン脂肪酸エステル,無水ケイ酸,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸Mg,セルロース,アラビアゴム,酸化チタン,セラック,ヒマシ油,ステアリン酸グリセリン

パンビタンハイの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人または妊娠を希望する人。
(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

パンビタンハイの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は,フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。

パンビタンハイに効果効能が似た薬

パンビタンハイが気になる人向けのコラム

足がつる3つの原因とは-足がつったときの対処法

夜中に突然足がつって目が覚めるといった経験はありませんか?
足がつる原因として考えられるのが、「筋肉疲労」「冷え」「マグネシウム不足」です。 (その1)筋肉の疲労
足がつる原因として最も多いのが、筋肉疲労によるものです。運動などで、普... 続きを読む

便秘しない腸内環境をつくる方法-気をつけたい9つのこと

日本人の“腸内環境”が悪くなっているようです。それは、おなかの張りや痛み、便秘などの症状でクリニックを訪れる人が増えていることに如実にあらわれています。
腸内環境の悪化がもたらす症状はおなかの張りや痛み、便秘にとどまりません。便やガス... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

心の病気を予防する-こんな症状は要注意13のセルフチェック

現代社会を生きていくのに、ストレスと無縁ではいられません。「いや、私は一度もストレスを感じたことがない」といえる人がもしもいるとしたら、それはとても幸せな人だといっていいでしょう。なにしろ、「国民の2人に1人は過去1カ月間にストレスを感じ... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む