ビイレバーキングの効能・用量・副作用など

ビイレバーキングの基本情報

ビイレバーキング

ビイレバーキング

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 日新製薬・滋
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビイレバーキングの特徴

肝臓は,消化腺の一つとして胆汁を分泌し,特に脂肪の消化と吸収にあずかるとともに,各種の物質代謝に重要な関係をもち,特に栄養物の体内における貯蔵倉庫として働き,さらに人体に有害な物質の解毒作用及び排泄作用をも行っていて,体の大化学工場ともいうべき器官であります。
ビイレバーキングは哺乳動物(ウシ)の肝臓から大切な栄養分をそこなわないように抽出した肝臓全体のエキスを始め,強壮生薬のニンジン,代謝に働く各種ビタミン,及びタウリン(アミノエチルスルホン酸)等を配合した滋養強壮保健薬であります。配合成分である塩化カルニチンは,消化器系の機能全般を賦活正常化する働きを有しています。又,タウリン(アミノエチルスルホン酸)は,牡蛎,イカ等に多く含まれている成分で,主に代謝に関与しており,滋養強壮等に効果があります。
〔(株)日新製薬(株)販売より〕
● 肝臓は,その働きの一つとして胆汁を分泌し,特に脂肪の消化と吸収にあずかるとともに,各種の物質代謝に重要な関係をもっています。また肝臓は,栄養物の体内における貯蔵倉庫として働き,さらに人体に有害な物質の解毒作用及び排泄作用をも行っていて,体の大化学工場ともいうべき器官であります。
● ビイレバーキングは哺乳動物(ウシ)の肝臓から大切な栄養分をそこなわないように抽出した肝臓全体のエキスと各種のビタミンを配合した滋養強壮剤です。
〔クラシエ薬品(株)販売より〕

ビイレバーキングの効能効果

滋養強壮。虚弱体質。肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

ビイレバーキングの用法用量

1日2回朝夕に服用して下さい。
[年齢:1回量]
大人:10mL
15才以下8才まで:5mL
8才未満:服用しないこと
[備考]
添付の計量コップを用い,年齢に応じて,分量を計って下さい。
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

ビイレバーキングの成分分量

500mL中
リバーコンセントレイト(肝臓エキス) 12.5g
塩化カルニチン 2.5g
ニンジンエキス 2.5g
タウリン(アミノエチルスルホン酸) 25g
チアミン塩化物塩酸塩 0.5g
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 0.3g
ニコチン酸アミド 2.5g
シアノコバラミン 250μg
(添加物)
エタノール,l-メントール,D-ソルビトール,安息香酸ナトリウム,香料,白糖,ハチミツ

ビイレバーキングの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

ビイレバーキングの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)ビンの口,計量コップは常に清潔にして下さい。
(5)水などの異物が混入しないよう注意して下さい。
(6)「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入し,説明文書とともに箱に入れたまま保管して下さい。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。使用期限内であっても,開封後は品質保持の点から2ヵ月以内に服用して下さい。
(8)本剤は開封後,長期間の冷蔵または冬期の低温保管により,まれに結晶が出ることがあります。
(9)リバーコンセントレイト,ニンジンエキスなど天然物を配合しているため,製品により味やにおいが多少異なることがあります。〔日新製薬(株)販売より〕

ビイレバーキングに効果効能が似た薬

ビイレバーキングが気になる人向けのコラム

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

骨盤枕を腰に当てて寝ているだけでダイエット

骨盤枕
寝ているだけで、どんどん体重が減っていく、驚異のダイエットが骨盤枕ダイエットです。
やり方もとっても簡単、骨盤枕を腰に当てて、寝ているだけでいいんです。普段寝っ転がってテレビを見ている時間に、このダイエットをするだけでいいので... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

知っておくと便利な危険な不整脈の見分け方

不整脈とは
まずは、不整脈とはどういうものか確認してみましょう。


心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅く... 続きを読む