ビタックスGOの効能・用量・副作用など

ビタックスGOの基本情報

ビタックスGO

ビタックスGO

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 大昭製薬
販売会社 興和
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタックスGOの特徴

ビタックスGOは、風邪などの発熱性消耗性疾患時の栄養補給によいといわれている生薬(ゴオウ・ニンジン・ショウキョウ)を配合しています。
その他に、肉体疲労・食欲不振時の栄養補給によいといわれているアミノエチルスルホン酸(タウリン)や、病気の際に不足しがちなビタミン類を配合した内服液剤です。
ビタックスGOは、発熱性消耗性疾患・肉体疲労・病中病後に栄養を補給して体力の回復を助けます。
また、虚弱体質の改善、食欲不振・栄養障害・妊娠授乳期などの場合の栄養補給、滋養強壮の目的にも、すぐれた効果をあらわします。

ビタックスGOの効能効果

発熱性消耗性疾患・肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・妊娠授乳期などの場合の栄養補給、滋養強壮、虚弱体質

ビタックスGOの用法用量

下記の量を1日3回服用してください。
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):1瓶(30mL)
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
■用法・用量に関連する注意
用法・用量を厳守してください。
■成分・分量に関連する注意
(1)リボフラビンリン酸エステルナトリウム(V.B2)により、尿が黄色になることがあります。
(2)生薬成分配合のため、沈殿を生じることがありますので、よく振ってから服用してください。

ビタックスGOの成分分量

1瓶(30mL)中
ニンジン乾燥エキス 50mg (ニンジンとして750mg)
ゴオウチンキ-N 0.067mL (ゴオウとして0.67mg)
ショウキョウエキス 13.89mg (ショウキョウとして166.7mg)
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 800mg
ニコチン酸アミド 25mg
チアミン硝化物(V.B1) 8mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(V.B2) 3mg
ピリドキシン塩酸塩(V.B6) 10mg
(添加物)
エタノール、白糖、クエン酸、安息香酸、パラベン、香料、エチルバニリン、
「アルコール0.2mL以下」

ビタックスGOの使用上の注意と副作用

■相談すること
しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ビタックスGOの保管上の注意

(1)高温をさけ、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限(外箱及びラベルに記載)をすぎた製品は服用しないでください。

ビタックスGOが気になる人向けのコラム

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

代謝のいい体とは? 心と体の代謝のセルフチェックして健康管理

私たちは普段の生活のなかで、「代謝」とか「新陳代謝」という言葉をときどき目にしたり使ったりすることがあります。どちらも一般的な意味では「古いものが新しいものに入れ替わること」と説明されます。健康や体の働きをテーマとするときは、もう少し絞り... 続きを読む

夏バテはの原因は暑さだけではない?自律神経の乱れが原因かも

まだまだ暑い日が続きます。この時期、食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状に見舞われている人が少なくないのでは?
昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む