ビタミネンゴールドの効能・用量・副作用など

ビタミネンゴールドの基本情報

ビタミネンゴールド

ビタミネンゴールド

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ビタミネンゴールドの特徴

●ビタミンA・B群・C・D・Eなどのビタミンを始め,不足しがちなミネラルの鉄分(血液中の赤血球の構成成分)とカルシウム(骨や歯の構成成分)を配合した淡黄色のフィルムコート錠です。

ビタミネンゴールドの効能効果

●大人(15才以上)の場合:滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給
●小児(6?14才)の場合:滋養強壮,虚弱体質,病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・偏食児・小児の発育期などの場合の栄養補給

ビタミネンゴールドの用法用量

下記の1回服用量を食後に服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):2錠:1回
小児(6?14才):1錠:1回
6才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)本剤の服用の前後30分は,お茶・コーヒー等を飲まないでください。(鉄分の吸収が悪くなることがあります。)

ビタミネンゴールドの成分分量

2錠中
フマル酸第一鉄 30mg
パルミチン酸レチノール 2.354mg (レチノールとして4,000IU)
コレカルシフェロール 10μg (ビタミンD3として400IU)
ビタミンB1硝酸塩 10mg
ビタミンB2 5mg
ビタミンB6 15mg
ビタミンB12 10μg
ニコチン酸アミド 25mg
ビタミンCナトリウム 70mg
コハク酸トコフェロールカルシウム 12mg (総カルシウムとして74.6mg)
パントテン酸カルシウム 20mg (総カルシウムとして74.6mg)
無水リン酸水素カルシウム 110mg (総カルシウムとして74.6mg)
沈降炭酸カルシウム 100mg (総カルシウムとして74.6mg)
(添加物)
トウモロコシ油,ビタミンE,ラウリン酸ソルビタン,ゼラチン,白糖,タルク,グリセリン脂肪酸エステル,ヒドロキシプロピルセルロース,乳酸Ca,ステアリン酸Mg,ヒプロメロース,マクロゴール,酸化チタン,三二酸化鉄

ビタミネンゴールドの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠 3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人。
(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告があります。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
便秘,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ビタミネンゴールドの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

ビタミネンゴールドが気になる人向けのコラム

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

豆ココアで脂肪分解をサポートダイエット!

豆ココア
「豆ココア」という飲み物を皆様はご存知でしょうか。

「豆ココア」とはその名の通り、豆乳とココアパウダーを混ぜた飲み物の事です。

「豆ココア」にはミネラルやアミノ酸を始めとした様々な栄養素が含まれており、これらの栄養... 続きを読む

大人がうつると大変なヘルパンギーナに要注意

高熱とのど奥の水疱が主症状
ヘルパンギーナは、毎年夏から秋にかけて小児の間で流行しやすい夏風邪の一種です。コクサッキーウイルスが主な感染源ですが、原因となるウイルスは他にもあり、何度もかかる可能性があります。


毎年7月ごろをピ... 続きを読む

大人もかかるマイコプラズマ肺炎の怖さ

マイコプラズマ肺炎とは
マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという病原体によって引き起こされます。感染経路はマイコプラズマの感染者からの飛沫感染や濃厚接触による接触感染の2種類があります。


流行性で、若年者に多い。
マイコプラ... 続きを読む

【特に男性は注意】大人のおたふくかぜは危険?

おたふくかぜとは
一般に「おたふくかぜ」と呼ばれているのは、「流行性耳下腺炎」または「ムンプス」という急性ウイルス感染症です。ムンプスウイルスに感染することで発症します。発熱すると共に耳の下からあごにかけて大きく腫れて痛み、おたふくのお... 続きを読む