ピンロングの効能・用量・副作用など

ピンロングの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 日新薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ピンロングの特徴

ピンロングは和漢生薬の鹿茸,ゴオウ,反鼻の動物性のものと,植物性の滋養強壮薬である高麗人参とイカリ草の両エキスやローヤルゼリー(王乳)を加え,これに栄養素として欠くことの出来ないビタミンB1(硝酸チアミン),ビタミンB2(リボフラビン),ビタミンB6(塩酸ピリドキシン),ニコチン酸アミド及びオロチン酸を配合して服用し易いカプセル剤にしたものです。

ピンロングの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ピンロングの用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1カプセル:2回
15歳未満の小児:服用しないでください。
(用法関連注意)
1.用法・用量を厳守してください。
2.カプセルの取り出し方
 カプセルの入っているPTPシート凸部を指先で強く押して裏側のアルミ箔を破り,取り出してください。
 (誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

ピンロングの成分分量

2カプセル中
硝酸チアミン 20mg
リボフラビン 4mg
塩酸ピリドキシン 10mg
ニコチン酸アミド 25mg
ゴオウ 2mg
ロクジョウ末 20mg
ハンピ末 20mg
人参乾燥エキス-B 45mg
(人参652.5mg)
イカリソウエキス 20mg
(イカリソウ200mg)
オロチン酸 60mg
乾燥ローヤルゼリー 50mg
(添加物)
青色1号,赤色3号,ラウリル硫酸ナトリウム

ピンロングの使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
 しばらく服用しても症状がよくならない場合

ピンロングが気になる人向けのコラム

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

乳清(=ホエイ)

乳清とは、牛乳から乳タンパクの主成分であるカゼインを除いたもの。水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分をたっぷり含んでいます。英語で「ホエイ」ともいいます。
何だか難しそう?
でも身近な例では、ヨーグルトの上に溜まっている... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む