フローミンエースの効能・用量・副作用など

フローミンエースの基本情報

フローミンエース

フローミンエース

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

フローミンエースの特徴

●フローミンエースは,強壮作用のある3種の生薬,杜仲,人参,鹿茸をはじめとして,7種のビタミンとカルシウムを配合した滋養強壮保健薬です。
●ビタミンA・C・Eをはじめ,フルスルチアミン,ビタミンB2・B6・B12の7種のビタミンとカルシウムの補給に役立ちます。
●吸収がよく,体内で利用されやすいビタミンB1誘導体フルスルチアミンを配合しています。
●黄色のだ円形の糖衣錠です。

フローミンエースの効能効果

滋養強壮,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給,虚弱体質

フローミンエースの用法用量

次の量を,食後に水またはお湯で,かまずに服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:2錠:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

フローミンエースの成分分量

4錠中
トチュウエキス 60mg (乾燥エキスとして)[トチュウ600mgより抽出]
ニンジンエキス 198mg (乾燥エキスとして)[ニンジン600mgより抽出]
ロクジョウ末 10mg
レチノールパルミチン酸エステル 2000ビタミンA単位
アスコルビン酸 250mg
酢酸d-α-トコフェロール 10mg
フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)として 10mg (フルスルチアミン塩酸塩10.9mg)
リボフラビン酪酸エステル 10mg
ピリドキシン塩酸塩 25mg
ヒドロキソコバラミン酢酸塩 60μg
リン酸水素カルシウム水和物 43.4mg
沈降炭酸カルシウム 124.7mg
(カルシウム60mg)
(添加物)
トウモロコシ油,ビタミンE,ラウリン酸ソルビタン,ゼラチン,白糖,タルク、グリセリン脂肪酸エステル,無水ケイ酸,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,カルメロースCa,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸Mg,セルロース,アラビアゴム,酸化チタン,ビタミンB2

フローミンエースの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人または妊娠を希望する人(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

フローミンエースの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は,フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)本剤は,だ円形糖衣錠のため,落下などの衝撃で錠剤破損(糖衣のかけ)が生じることがあるので,取扱いに十分注意すること(ビンの中の詰め物をすてた後は,錠剤が衝撃を受けやすくなる)。
(6)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入すること。
(9)一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。

フローミンエースが気になる人向けのコラム

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 1

好き嫌いの傾向は、遺伝子や育ち方、環境要因と密接なかかわりのある「脳のクセ」に影響されます。逆にいえば、脳のクセを知ることで、自分に合ったストレス対策を見つけることができるとも考えられます。
まずは、「脳のクセを知るテスト」のABCD... 続きを読む