ヘルビタ「ゴールド」の効能・用量・副作用など

ヘルビタ「ゴールド」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 米田薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ヘルビタ「ゴールド」の特徴

ヘルビタ「ゴールド」はシベット散(アフリカ産ジャコウ猫の生殖腺より採取した物質でジャコウ様効果がある),ニンジン末(朝鮮人参),強力オキソレジン末(無臭ニンニクエキス),イカリ草末,反鼻末(まむしの粉末)などに滋養強壮作用のある生薬成分と,安息香酸ナトリウムカフェインを配合し,肉体疲労時や虚弱体質などに効果をあらわす滋養強壮薬です。
また,不足すると疲労感や体調不良を起こす各種ビタミン(ビタミンB群,ビタミンC,葉酸,ビタミンE)と,有効成分を全身へ運搬したり,体内の老廃物を排泄するコンドロイチン硫酸ナトリウム,グルクロノラクトンなどを配合していますので,効果的に栄養補給を行えます。

ヘルビタ「ゴールド」の効能効果

●滋養強壮
●虚弱体質
●肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

ヘルビタ「ゴールド」の用法用量

次の1回量を服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):2錠:1日2回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

ヘルビタ「ゴールド」の成分分量

4錠中
ニンジン末 200mg
イカリ草末 150mg
シベット散 10mg
強力オキソレジン末 50mg
反鼻末 50mg
安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
塩酸チアミン(ビタミンB1) 20mg
リボフラビン(ビタミンB2) 10mg
塩酸ピリドキシン(ビタミンB6) 5mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg
塩化カルニチン(ビタミンBT) 50mg
オロチン酸(ビタミンB13) 60mg
ニコチン酸アミド 10mg
パントテン酸カルシウム 10mg
葉酸 5mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 100mg
酢酸トコフェロール(ビタミンE) 10mg
コンドロイチン硫酸ナトリウム 50mg
グルクロノラクトン 50mg
カンゾウ末 50mg
ルチン 60mg
龍脳 3mg
(添加物)
赤色2号,黄色4号,青色1号,バレイショデンプン,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,タルク,ゼラチン,炭酸カルシウム,サラシミツロウ,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),アラビアゴム,白糖,マクロゴール,酸化チタン,カルメロースナトリウム(CMC-Na),カルナウバロウ

ヘルビタ「ゴールド」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。
2.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
下痢

ヘルビタ「ゴールド」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)湿気により錠剤表面が変色することがありますので,ぬれた手で触れないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用です。開封時に捨ててください。
(6)箱の「開封年月日」記入欄にビンを開封した日付を記入しておいてください。
(7)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は,服用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(8)ビンの中に乾燥剤が入っています。服用しないでください。

ヘルビタ「ゴールド」が気になる人向けのコラム

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

体を活性化して美容にもいい 7つの食品成分とその嬉しい効能

呼吸によって体内に取り込まれる酸素のうち数パーセントは、体内の細胞を酸化し、サビつかせる有害な活性酸素に変化します。この活性酸素は、疲労や老化を促進し、生活習慣病をまねきます。また、活性酸素の害は、皮膚や内臓、血管などあらゆる細胞におよび... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

おたね人参

「オタネニンジン」、「御種人参」とも表記しますが、一般的には「朝鮮人参」または「高麗人参」といわれているものです。中国の山間部や朝鮮半島に自生するウコギ科の植物で、日本には朝鮮経由で渡来したので、朝鮮人参という通称が定着しました。
江戸時... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む