ヘルビタ「パナA」の効能・用量・副作用など

ヘルビタ「パナA」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 米田薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ヘルビタ「パナA」の特徴

ヘルビタ「パナA」は滋養強壮作用のあるニンジン末と血液の流れをよくするビタミンEを主成分とし,ニンニク(加工大蒜),ビタミンB1,ゴオウ散等を配合した滋養強壮剤です。

ヘルビタ「パナA」の効能効果

●滋養強壮
●虚弱体質
●肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

ヘルビタ「パナA」の用法用量

次の1回量を服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):1カプセル:1日3回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

ヘルビタ「パナA」の成分分量

3カプセル中
ニンジン末(朝鮮人参末) 300mg
酢酸トコフェロール(ビタミンE) 100mg
加工大蒜 100mg (ニンニク10gに相当)
チアミンジスルフィド(ビタミンB1) 25mg
ゴオウ散 15mg
γーオリザノール 10mg
ニコチン酸アミド 60mg
酪酸リボフラビン(ビタミンB2) 10mg
塩酸ピリドキシン(ビタミンB6) 50mg
(添加物)
バレイショデンプン,ステアリン酸マグネシウム,無水ケイ酸
カプセル本体に青色1号,赤色3号,黄色5号,ラウリル硫酸ナトリウム、ゼラチン

ヘルビタ「パナA」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤
消化器:胃部不快感
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。
3.生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,医師又は薬剤師に相談してください
4.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
便秘,下痢

ヘルビタ「パナA」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)開封後は湿気や光により影響をうけやすいので,品質を保持するために必ずアルミ袋に入れて切り口を折り返して保管してください。
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は,服用しないでください。

ヘルビタ「パナA」に効果効能が似た薬

ヘルビタ「パナA」が気になる人向けのコラム

初心者から始めるベランダ菜園のやり方-ハツカダイコンの育て方

新緑に春の花々が目を楽しませてくれるこの季節、家のベランダを見てなんとなくさみしい感じがしたら、ガーデニングに挑戦してみませんか?
それも、見て楽しむだけでなく食べておいしい、欲張りキッチンガーデンはいかがでしょう?
屋外で作業しても春... 続きを読む

伸ばすだけでいい-疲れた足のむくみを取るストレッチ方法

長時間のデスクワークや立ち仕事で夕方になると足がむくんでぱんぱんという人、多いのではないでしょうか?
その原因は、動かないことによって血液やリンパの流れが滞ること。心臓から体の末端に流れてきた血液を心臓へと戻す静脈や、その静脈につながる... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む