マムシホルモ(カプセル)の効能・用量・副作用など

マムシホルモ(カプセル)の特徴

赤マムシ(学名-Agkistrodon blomhoffii blomhoffii)は漢方で反鼻(はんぴ)と呼ばれ,用いられて来ました。
マムシホルモ(カプセル)はマムシをはじめ種々の生薬エキスとビタミン類などの現代薬を併用して製剤化したカプセル剤であります。保健剤としてまた肉体疲労・食欲不振時などの栄養補給にもご活用いただけます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル 
製造会社 阪本漢法製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC エルシスホワイト240   DHC チアニンローヤル   DHC ヘパトレバ   DS滋養内服液C   JAセイカンゴールド内服液  



マムシホルモ(カプセル)の効能・効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

マムシホルモ(カプセル)の用法・用量

[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1カプセル:1回 水または微温湯で食間注)に服用してください。
15歳未満:服用しないでください。
注)食間とは,食後2~3時間を指します。
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

マムシホルモ(カプセル)の成分・分量

1カプセル(530mg)中
マムシ抽出液 10mg
マムシ胆乾燥末 5mg
ゴオウ 2mg
ニンジン軟エキス-A 55mg
ロクジョウエキス 3.33mg
イカリソウエキス 10mg
クコシエキス 10mg
レバー末 80mg
グルクロノラクトン 100mg
コンドロイチン硫酸ナトリウム 30mg
イノシトール 10mg
チアミン塩化物塩酸塩 10mg
リボフラビン 2mg
ピリドキシン塩酸塩 5mg
シアノコバラミン 1μg
ニコチン酸アミド 25mg
パントテン酸カルシウム 10mg
無水カフェイン 30mg
(添加物)
バレイショデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,マクロゴール,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム,赤色3号,黄色4号(タートラジン),青色1号,酸化チタン

マムシホルモ(カプセル)の使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
1.服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
2.1カ月位服用しても症状がよくならない場合

マムシホルモ(カプセル)の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。