ユースゲンキング50の効能・用量・副作用など

ユースゲンキング50の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 エスエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ユースゲンキング50の特徴

ユースゲンキング50は,古くから強壮薬として用いられている動・植物性生薬の有効成分に,肉体疲労時や病中病後に不足しがちなビタミンB群を配合した,ミニボトル入りの滋養強壮剤です。

ユースゲンキング50の効能効果

滋養強壮,肉体疲労・食欲不振・病中病後・発熱性消耗性疾患・栄養障害・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,虚弱体質

ユースゲンキング50の用法用量

次の1回量を1日1回服用します。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):1瓶(50mL)
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ユースゲンキング50の成分分量

1瓶(50mL)中
ニクジュヨウ抽出液 200mg
セイヨウサンザシエキス 20mg
ニンジン流エキス 0.6mL
ハンピチンキ 0.1mL
イカリソウ流エキス 0.1mL
チアミン硝化物 10mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 5mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
ニコチン酸アミド 25mg
タウリン 300mg
無水カフェイン 25mg
(添加物)
D-ソルビトール,白糖,アルコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,クエン酸,クエン酸ナトリウム,安息香酸ナトリウム,パラベン,カラメル,L-グルタミン酸ナトリウム,香料

ユースゲンキング50の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:胃部不快感
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合。
2.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
軟便,下痢

ユースゲンキング50の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)使用期限をすぎたものは服用しないでください。

ユースゲンキング50が気になる人向けのコラム

庭やベランダでできるビオトープガーデンをつくる-睡蓮鉢の飾り方

暑くなってくると、透明な水は触って気持ちがいいのはもちろん、見ているだけでも涼しげです。そこで今回は、手軽に水辺の涼しさが味わえ環境にもちょっと優しい、ビオトープガーデン作りを紹介しましょう。
ビオトープとは、ギリシャ語のビオ(bio... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

鎖骨

鎖骨とは、首もとに浮き出ている一対の骨です。人間の腕は鎖骨によって胴体につながっており、人間が両腕をクレーンのアームのように自由自在に動かすことができるのは鎖骨のおかげです。ちなみに、人間以外の哺乳動物には鎖骨があるものとないものがあり、... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む