ユンケルジュニアの効能・用量・副作用など

ユンケルジュニアの基本情報

ユンケルジュニア

ユンケルジュニア

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 医薬部外品
リスク区分 なし

ユンケルジュニアの効能効果

滋養強壮。虚弱体質。病中病後・栄養障害・胃腸障害・発熱性消耗性疾患・幼小児の発育期・偏食児などの栄養補給

ユンケルジュニアの用法用量

小児(5?14才)1回1瓶(50mL)を1日1回服用します。
(用法関連注意)
★定められた用法・用量をお守りください。
★小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ユンケルジュニアの成分分量

1瓶(50mL)中
ニンジン流エキス 400mg
エレウテロコック流エキス 480mg
セイヨウサンザシ乾燥エキス 15mg
ローヤルゼリー 100mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 750mg
硝酸チアミン 3mg
リン酸リボフラビンナトリウム 2mg
塩酸ピリドキシン 5mg
ニコチン酸アミド 12mg
(添加物)
安息香酸ナトリウム,dl-リンゴ酸,白糖,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,パラベン,カラメル,pH調節剤,香料,アルコール,プロピレングリコール,グリセリン,バニリン,エチルバニリン

ユンケルジュニアの使用上の注意と副作用

■相談すること
しばらく服用しても症状がよくならない場合は,直ちに服用を中止し,この製品を持って医師又は薬剤師にご相談ください。

ユンケルジュニアの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

ユンケルジュニアが気になる人向けのコラム

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

うつ病になる女性は男性の2倍-女性の一生につきまとうホルモンの変動

うつ病は、誰もがかかりうることから「心の風邪」と呼ばれていますが、うつ病の患者は男性より女性の方が多いといわれていることをご存知ですか?
男性の自殺の頻度は女性の約2倍といわれていますが、WHO(世界保健機関)の報告によると、世界十数カ... 続きを読む

海外生活が心身にあたえる影響とは? 意外と多い海外で心の病になる人

駐在員や留学生として、海外に出て行く日本人は年々増えています。 現地での新しい生活を想像しながら、いろんな期待に胸を膨らませて出発することでしょう。海外旅行などの数週間・数ヶ月の滞在であれば、現地の文化に触れて、新しい体験を得てすばらしい思... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む