ユンケルファンティの効能・用量・副作用など

ユンケルファンティの基本情報

ユンケルファンティ

ユンケルファンティ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ユンケルファンティの特徴

ユンケルファンティは人参,イカリソウ,蛇床子などの植物性生薬と反鼻,ローヤルゼリー,シベットなどの動物性生薬16種類に各種ビタミンを配合したドリンクです。
滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労時の栄養補給などにすぐれた効果をあらわします。

ユンケルファンティの効能効果

○滋養養強壮
○肉体疲労・病中病後・発熱性消耗性疾患・食欲不振・栄養障害・産前産後などの場合の栄養補給
○虚弱体質

ユンケルファンティの用法用量

[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):1瓶(50mL):1回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

ユンケルファンティの成分分量

1瓶(50mL)中
人参(ニンジン)流エキス 1,500mg
イカリソウエキス 400mg
大棗(タイソウ)エキス 240mg
当帰(トウキ)エキス 60mg
杜仲(トチュウ)流エキス 300mg
菟糸子(トシシ)流エキス 300mg
茯苓(ブクリョウ)エキス-N 10mg
蛇床子(ジャショウシ)流エキス 0.3mL
黄耆(オウギ)流エキス 300mg
五味子(ゴミシ)流エキス 300mg
竜眼肉(リュウガンニク)エキス 90mg
冬虫夏草(トウチュウカソウ)流エキス 0.33mL
海馬(カイバ)チンキM 250mg
反鼻(ハンピ)チンキ 100mg
シベットチンキ 250mg
ローヤルゼリー 150mg
ビタミンB2 リン酸エステル 10mg
ビタミンB6 10mg
ビタミンE酢酸エステル 10mg
ニコチン酸アミド 20mg
無水カフェイン 50mg
(添加物)
白糖,ハチミツ,リンゴ果汁,dl-リンゴ酸,クエン酸,コハク酸,安息香Na,パラベン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,pH調整剤,塩化Ca,カラメル,香料(グリセリン,プロピレングリコール,バニリン,エチルバニリンを含む),アルコール(1.5mL以下)

ユンケルファンティの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があります
ので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ユンケルファンティの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

ユンケルファンティが気になる人向けのコラム

おたね人参

「オタネニンジン」、「御種人参」とも表記しますが、一般的には「朝鮮人参」または「高麗人参」といわれているものです。中国の山間部や朝鮮半島に自生するウコギ科の植物で、日本には朝鮮経由で渡来したので、朝鮮人参という通称が定着しました。
江戸時... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む