ユンケルファンティーの効能・用量・副作用など

ユンケルファンティーの基本情報

ユンケルファンティー

ユンケルファンティー

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ユンケルファンティーの特徴

◎ユンケルファンティーは,12種類の植物性生薬と3種類の動物性生薬の他に,ビタミンなどを配合したドリンクで,滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労時の栄養補給などに効果があります。
◎ファンティーとは,中国語で黄帝を意味します。

ユンケルファンティーの効能効果

○滋養強壮
○肉体疲労・病中病後・発熱性消耗性疾患・食欲不振・栄養障害・産前産後などの場合の栄養補給
○虚弱体質

ユンケルファンティーの用法用量

[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):1瓶(50mL):1回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

ユンケルファンティーの成分分量

1瓶(50mL)中
ニンジン流エキス 1,500mg
イカリソウエキス 400mg
冬虫夏草流エキス 0.2mL
タイソウエキス 240mg
トウキエキス 60mg
トチュウ流エキス 300mg
トシシ流エキス 300mg
ブクリョウエキス-N 10mg
オウギ流エキス 300mg
ゴミシ流エキス 300mg
竜眼肉エキス 90mg
ジャショウシ流エキス 0.3mL
反鼻チンキ 100mg
シベットチンキ 250mg
ローヤルゼリー 150mg
ビタミンB2 リン酸エステル 10mg
ビタミンB6 10mg
ビタミンE酢酸エステル 10mg
ニコチン酸アミド 20mg
無水カフェイン 50mg
(添加物)
白糖,ハチミツ,リンゴ果汁,dl-リンゴ酸,クエン酸,コハク酸,安息香酸Na,パラベン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,pH調整剤,塩化Ca,カラメル,香料,グリセリン,プロピレングリコール,バニリン,エチルバニリン,アルコール(1.5mL以下)

ユンケルファンティーの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ユンケルファンティーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

ユンケルファンティーが気になる人向けのコラム

アロマオイルで風邪・インフルエンザを予防しよう-アロマの使い方

いにしえから伝わる薬草(ハーブ)の知恵には、驚かされるものがいくつもあります。ハーブから抽出したエキス(精油:エッセンシャルオイル)の香りを嗅ぐことで、さまざまな作用が得られます。
たとえば、ローズマリーは心を陽気にするハーブといわれ、... 続きを読む

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

有名人のがんにまつわるニュースが多い?後悔しないためのがん検診のススメ

歌手のテイラー・スウィフトが自身のブログで、母親ががんと診断されたと発表しました。クリスマスプレゼントとして贈った健康診断を受けたところ、がんが発見されたそうです。プライベートなことなので病気の詳細は書かれていませんが、彼女の母親から... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む