リコリス「ゼンヤク」ゴールドの効能・用量・副作用など

リコリス「ゼンヤク」ゴールドの基本情報

リコリス「ゼンヤク」ゴールド

リコリス「ゼンヤク」ゴールド

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

リコリス「ゼンヤク」ゴールドの特徴

リコリス「ゼンヤク」ゴールドは,多彩な作用を持つ甘草(カンゾウ)をはじめ,強壮作用を
有する麦門冬(バクモンドウ)・人参(ニンジン)・五味子(ゴミシ)など7種類の生薬エキスと
ビタミンB6を配合した,滋養強壮内服液剤です。
カフェインは配合しておりませんので、お休み前でも服用頂けます。

リコリス「ゼンヤク」ゴールドの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

リコリス「ゼンヤク」ゴールドの用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:1びん(50mL):1回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

リコリス「ゼンヤク」ゴールドの成分分量

1瓶(50mL)中
カンゾウエキス 1g (甘草5g)
バクモンドウエキス 500mg
ニンジンエキス 54.6mg
トウキエキス 156.3mg
サイコエキス 100mg
タイソウエキス 400mg
ゴミシエキス 107mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
(添加物)
アルコール、エチルバニリン、クエン酸,クエン酸ナトリウム,グリセリン、D-ソルビトール,
炭酸水素ナトリウム,バニリン,パラベン,プロピレングリコール,l-メントール、香料,
L-アスパラギン酸ナトリウム,エリソルビン酸ナトリウム,塩化カリウム,チンピチンキ,白糖,水アメ

リコリス「ゼンヤク」ゴールドの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。)
長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)高齢者。
(3)次の症状のある人。
むくみ
(4)次の診断を受けた人。
心臓病,高血圧,腎臓病
2.服用後、まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:
手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、
徐々に強くなる。
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

リコリス「ゼンヤク」ゴールドの保管上の注意

(1)直射日光のあたらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。
○生薬エキス配合製剤ですので、まれに沈殿を生じることがありますが、薬効には変わりありません。

リコリス「ゼンヤク」ゴールドが気になる人向けのコラム

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界~韓国の伝統茶&韓方茶

日本には緑茶、イギリスには紅茶、中国には中国茶といったように、世界にはさまざまな伝統茶があります。今は緑茶も紅茶も中国茶も、世界中で飲むことができるグローバルな世の中。でも、その国ならではの伝統の味やお茶の歴史というものが存在します。皆さん... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む