レバコール・Sの効能・用量・副作用など

レバコール・Sの基本情報

レバコール・S

レバコール・S

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 牛津製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

レバコール・Sの特徴

レバコール・Sは,新鮮な鰹の肝臓を加水分解したパンリバーエキス(鰹肝臓水解物エキス)にビタミン,コンドロイチン硫酸エステルナトリウム等を配合した飲みやすい分割保健栄養薬です。本品はノンカフェイン製剤ですので,カフェインの影響を受けやすい方(例えば,なかなか眠れない方等)に特にお勧めします。

レバコール・Sの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

レバコール・Sの用法用量

次の量を毎食後,服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):10mL:3回
15才未満:服用しないこと
※添付の計量コップをご使用ください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)ビンに直接口をつけて飲まないこと。
(3)計量コップに注いだ薬液をビンに戻さないこと。
(4)開栓後,味・においに明らかな変化があり異常を感じた場合には,直ちに服用を中止すること。

レバコール・Sの成分分量

30mL中
パンリバーエキス 30mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 30mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 150mg
ニコチン酸アミド 60mg
パントテン酸カルシウム 30mg
イノシトール 15mg
クエン酸鉄アンモニウム 15mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 6mg
(添加物)
白糖,D-ソルビトール,滋養糖,クエン酸水和物,コハク酸,ハッカ水,ショウキョウチンキ,ウイキョウチンキ,チョウジチンキ,サンショウチンキ,サフランチンキ,ポリリン酸ナトリウム,メタリン酸ナトリウム,安息香酸ナトリウム,パラベン,カラメル,香料,エタノール,アルコール0.3mL以下

レバコール・Sの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感,胃部膨満感
循環器:動悸
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

レバコール・Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。また,使用期限内であっても,開栓後は,できるだけ速やかに服用すること。
(5)薬液を添付の計量コップに注いだ後は,ビンの口をよく拭いて清潔にすること。また,使用した計量コップは,その都度,水でよく洗うこと。
(6)水およびその他の異物が混入しないように注意すること。

レバコール・Sが気になる人向けのコラム

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

コーヒーの健康効果-がんや糖尿病を予防するって本当?

10月1日はコーヒーの日。コーヒーの新年度が始まる日であり、需要が高まるころでもあることから、1983年、社団法人 全日本コーヒー協会によって提唱されました。
現在、日本のコーヒー消費量は米国、ブラジル、ドイツについで第4位です(20... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

1日緑茶5杯、コーヒー4杯で長生き? カテキンとカフェインの健康効果

あなたは緑茶またはコーヒーを1日何杯くらい飲んでいるでしょうか?
日本人にとって、緑茶は昔からなじみの深い飲み物ですが、今ではコーヒーも欠かせない飲み物になっていますね。食後や仕事の合間に、あるいは一息入れたいとき、緑茶やコーヒーを飲むと... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む