レバコール・ロイヤルの効能・用量・副作用など

レバコール・ロイヤルの基本情報

レバコール・ロイヤル

レバコール・ロイヤル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 牛津製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

レバコール・ロイヤルの特徴

レバコール・ロイヤルは,新鮮な鰹の肝臓を原料として製造したパンリバーエキス,甘草や人参の生薬エキス,ローヤルゼリー,ビタミン,ミネラル等を配合した滋養強壮剤です。

レバコール・ロイヤルの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

レバコール・ロイヤルの用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1ビン(30mL):1回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

レバコール・ロイヤルの成分分量

1瓶(30mL)中
パンリバーエキス 200mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 200mg
チオクト酸アミド 5mg
オロチン酸 60mg
カンゾウエキス 100mg (甘草400mg)
ニンジンエキス 200mg (人参1333mg)
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 50mg
ローヤルゼリー 50mg
クエン酸鉄アンモニウム 30mg
チアミンジスルフィド硝化物 10mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 5mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
トコフェロール酢酸エステル 5mg
ニコチン酸アミド 90mg
パントテン酸カルシウム 30mg
無水カフェイン 50mg
(添加物)
白糖,D-ソルビトール,クエン酸水和物,酒石酸,ポリリン酸ナトリウム,メタリン酸ナトリウム,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,安息香酸ナトリウム,パラベン,カラメル,エタノール,香料,アルコール0.3mL以下

レバコール・ロイヤルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

レバコール・ロイヤルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。

レバコール・ロイヤルが気になる人向けのコラム

ヨウ素

大震災での原発事故以来、ニュースで目にするようになったのが、「ヨウ素」です。 「ヨウ素には、健全なヨウ素と、人を害する放射線を出す能力を持った放射性ヨウ素の2つがあるんです。人を害する恐れのある、放射性ヨウ素は、原子炉で核分裂を起こすとき... 続きを読む

熱中症予防に牛乳が効くってホント?運動後の牛乳がおすすめの訳

いよいよ夏本番、海や山へのレジャーが楽しみな一方、熱中症が心配な季節でもあります。熱中症は、大量の発汗によって体内の水分や塩分が失われて脱水状態になり、体温調整機能がうまく働かなくなることで起こります。最悪の場合、命にかかわる場合もあるこ... 続きを読む

夏は栄養が偏りがち-ビタミンB1、ミネラル確保で夏バテ予防

節電の夏。なんとなく食欲が落ち、だるさを感じている方も多いでしょう。アイスコーヒーや清涼飲料水、アイスクリームなど冷たくて口当たりがよいものをついついとってしまい、食事はのど越しがいいめん類ばかりというのでは、栄養が偏り夏バテ街道まっしぐ... 続きを読む

バナジウム

バナジウムは元素記号の「V」で表されるミネラルの一種です。ミネラルは私たちのからだに必要な5大栄養素の一つで、カルシウム、鉄分、亜鉛、最近ではマグネシウムなどが、お馴染みと思います。バナジウムはその中でも、体内に占める割合が最も少ない 「超... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む