ローヤルテストンGの効能・用量・副作用など

ローヤルテストンGの基本情報

ローヤルテストンG

ローヤルテストンG

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 明治薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ローヤルテストンGの特徴

ローヤルゼリー500mg
生薬配合
滋養強壮 肉体疲労時の栄養補給
ローヤルゼリー・オウセイ・人参・淫羊かく・ビタミンE配合

ローヤルテストンGの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ローヤルテストンGの用法用量

成人(15歳以上)1回1瓶(50mL)を1日1回服用する。
15歳未満は服用しないでください。
(用法関連注意)

ローヤルテストンGの成分分量

1日量1瓶(50mL)中
ローヤルゼリー 500mg
オウセイエキス 130mg (黄精432.9mgに相当)
ニンジンエキス 100mg (人参670mgに相当)
淫羊かくエキス 160mg (淫羊かく1600mgに相当)
酢酸トコフェロール 10mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
アミノエチルスルホン酸(アミノエチルスルホン酸(タウリン)) 1000mg
無水カフェイン 25mg
(アルコール1.0mL以下)
(添加物)
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,白糖,グリシン,クエン酸水和物,dl-リンゴ酸,クエン酸Na水和物,フマル酸Na,安息香酸ナトリウム,ブチルパラベン,エタノール,グリセリン,バニリン,プロピレングリコール,香料

ローヤルテストンGの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹等
消化器:胃部不快感,悪心等
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢,便秘

ローヤルテストンGの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に,密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
5.一度フタを開けた後は,使用期限内でも,長期保存による服用はしないでください。
※本剤は生薬成分を配合した内服液ですので,まれに沈でんを生じることがありますが,よく振ってから服用してください。

ローヤルテストンGが気になる人向けのコラム

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。
自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポ... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む