ワコンMゴールドの効能・用量・副作用など

ワコンMゴールドの基本情報

ワコンMゴールド

ワコンMゴールド

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 興亜製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ワコンMゴールドの特徴

身体は加齢とともに内分泌系や血液循環などの機能が徐々に低下し,青年期・壮年期に比べ疲労を感じることが多くなり,また虚弱体質の方や激しい作業や運動時にも体内で栄養の補給バランスが乱れ,疲労をはじめとする症状があらわれます。
ワコンMゴールドはこのような症状を改善するために動植物性強壮生薬牛黄,反鼻,鹿茸,大蒜(ニンニク),ビタミンB群などを配合した滋養強壮剤です。

ワコンMゴールドの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ワコンMゴールドの用法用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1カプセル:1回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法,用量を守ってください。

ワコンMゴールドの成分分量

1カプセル中
ゴオウ末 6mg
オキソアミヂン末(加工ダイサン末) 100mg
イカリソウエキス 10mg
ローヤルゼリー 20mg
ハンピ末 30mg
ロクジョウ末 10mg
チアミン硝化物 10mg
リボフラビン 2mg
ニコチン酸アミド 25mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
レチノール酢酸エステル 2000 I.U.
トコフェロール酢酸エステル 10mg
無水カフェイン 20mg
(添加物)
バレイショデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ゼラチン,酸化チタン,赤色3号,青色1号,黄色5号,ラウリル硫酸ナトリウム

ワコンMゴールドの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人。(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
便秘,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ワコンMゴールドの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿性のため湿気にご注意ください。ビンは密栓してください。
(5)ビン開け口の詰め物は輸送中のカプセル破損防止用です。開栓後は不要となりますので捨ててください。
(6)ビン又は袋内に入っている乾燥剤シリカゲルは服用しないでください。
(7)外箱及びラベルに表示の使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ワコンMゴールドが気になる人向けのコラム

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

脂肪を燃焼させるニンニクダイエット

ニンニク
ニンニクダイエットはニンニクの持つ脂肪燃焼作用を利用したダイエット方法です。
ニンニクと言うとスタミナを付けたいときに召し上がると良い食材の代表的な存在ですが、代謝が高まり脂肪燃焼が促進する作用があるのでダイエットにも期待さ... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

膵臓の悪性腫瘍「膵神経内分泌腫瘍」-6つの自覚症状とは

「膵神経内分泌腫瘍」も「神経内分泌腫瘍」も、いずれもなじみのない言葉かも知れません。
「2011年10月に56歳の若さで亡くなった、元アップル(Apple)社CEOのスティーブ・ジョブズさんの死因は、膵臓がんだったという報道もありました... 続きを読む