金蛇精カプセルの効能・用量・副作用など

金蛇精カプセルの基本情報

金蛇精カプセル

金蛇精カプセル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 明治薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

金蛇精カプセルの特徴

若々しい気力と精力は,何よりも強い体力が根本となります。そのためには,胃腸・肝臓など内臓器全般を強化し,新陳代謝や内分泌機能の活発な肉体を作りあげることが大切です。特に,現代における精神的・肉体的ストレスは中年以降ならずとも,若い人の間でも内臓機能の衰退,ひいては疲労の蓄積を起こしています。
金蛇精カプセルは,滋養強壮薬として用いられる牛黄や,反鼻,鹿茸などの動物性生薬と,ムイラプアマ,インヨウカクなど植物性生薬,更に,ガンマ-オリザノール,トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体),リボフラビン(ビタミンB2)などを配合した製品で,滋養強壮,肉体疲労時の栄養補給に効果を現します。

金蛇精カプセルの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

金蛇精カプセルの用法用量

成人(15歳以上)1日1回,1回に2カプセル服用する。
15歳未満の小児は服用しないで下さい。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守して下さい。
(2)カプセルの取り出し方:
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用して下さい。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

金蛇精カプセルの成分分量

2カプセル中
ハンピ末(反鼻末) 30mg
ロクジョウ末(鹿茸末) 50mg
ゴオウ末(牛黄末) 2mg
インヨウカクエキス(淫羊かくエキス) 100mg
ムイラプアマエキス 50mg
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE酢酸エステル) 10mg
ガンマ-オリザノール 5mg
リボフラビン(ビタミンB2) 2mg
(添加物)
トウモロコシデンプン,セルロース,タルク,無水ケイ酸,青色1号,赤色3号,ラウリル硫酸Na,ゼラチン,ステアリン酸Mg

金蛇精カプセルの使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
関係部位:症状
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合。

金蛇精カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

金蛇精カプセルが気になる人向けのコラム

精力剤を飲む前に試したい、精力増強に効果がある9つの食材と栄養素

赤ちゃんを授かるために、パートナーと子作りしたいけど、昨今の男性は仕事のストレスで精力が減退気味。そこで、日頃の疲れを撃退させながら、精力サポートする食べものをご紹介します。 ストレスは男性の精力を減退させる 男性の性欲のピークは25歳... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

舌下免疫療法

国民の4人に1人がかかっている花粉症。その画期的な治療法として注目されているのが「舌下免疫療法」です。
これまでの花粉症の治療法といえば、症状をやわらげる対症療法が中心。薬を飲んだり、鼻の粘膜を焼いて症状を抑える方法などがあります。舌... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む