若甦錠Sの効能・用量・副作用など

若甦錠Sの基本情報

若甦錠S

若甦錠S

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

若甦錠Sの特徴

若甦錠Sは薬用人参をはじめ,各種ビタミン(ビタミンB群及びビタミンE),パントテン酸カルシウム,オキソアミヂン(ニンニクの無臭有効成分)などを配合した滋養強壮保健薬で,虚弱体質,肉体疲労・病中病後などの場合の栄養補給に効果を現わします.
錠剤の識別ができるよう“JACKO”の印字を施すとともにビタミンB2を使用した黄色の錠剤に仕上げました.

若甦錠Sの効能効果

滋養強壮,虚弱体質
肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・妊娠授乳期・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給

若甦錠Sの用法用量

次の量を水又はお湯と一緒に服用してください
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上):2錠:2回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください
(2)PTP包装の場合は,錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面アルミ箔を破り,取り出して服用してください(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等,思わぬ事故につなかがります)

若甦錠Sの成分分量

4錠中
ニンジン乾燥エキス 180mg (人参600mg)
ビタミンE散 20mg (トコフェロール酢酸エステル10mg)
ビスベンチアミン 20mg
リボフラビン 10mg
ピリドキシン塩酸塩 20mg
シアノコバラミン 20μg
ニコチン酸アミド 20mg
パントテン酸カルシウムS 30.8mg (パントテン酸カルシウム20mg)
加工ダイサン末(オキソアミジン末) 20mg
(添加物)
ゼラチン,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,フマル酸,炭酸カルシウム,タルク,無水ケイ酸,乳酸カルシウム,リン酸水素カルシウム,ケイ酸アルミニウム,クロスカルメロースナトリウム,ステアリン酸マグネシウム,ステアリン酸,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,ヒプロメロース,アラビアゴム,酸化チタン,白糖,カルナウバロウ

若甦錠Sの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

若甦錠Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください(瓶入りの場合は密栓して保管してください)
(2)小児の手の届かない所に保管してください
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください

若甦錠Sが気になる人向けのコラム

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む

冷え性に効く! 体を温める食べ物‐不妊症や妊活中の人におすすめな理由

体は毎日の食事から作られます。そのため、食べもので不妊を改善していくことも可能。積極的に摂りたい食材をご紹介します。 陽性の食材を摂り、体を中から温める 栄養素をバランス良く取り、体の調子を整えるのが不妊改善の近道。不妊症で悩む人のほ... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む