新ヘパリーゼプラスの効能・用量・副作用など

新ヘパリーゼプラスの基本情報

新ヘパリーゼプラス

新ヘパリーゼプラス

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

新ヘパリーゼプラスの特徴

*新ヘパリーゼプラスは,哺乳動物の新鮮な肝臓(レバー)を消化吸収しやすいように分解した「肝臓水解物」を主成分として配合した医薬品です。
*お付き合いや残業の機会が多く疲れを感じた時や,胃腸の調子が良くない時などの栄養補給,滋養強壮に効果を発揮します。
*肝臓水解物が新陳代謝を高めるとともに,ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンやビタミンB2・Eが滋養強壮・栄養補給に働きます。
*赤褐色の糖衣錠です。

新ヘパリーゼプラスの効能効果

滋養強壮,胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,虚弱体質

新ヘパリーゼプラスの用法用量

[年齢:1回量:用法]
成人(15才以上):2錠:1日3回服用してください。
15才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
●定められた用法・用量を守ってください。
本剤の服用により,尿が黄色になることがありますが,これは成分のビタミンB2(リボフラビン)によるものですので,ご心配ありません。

新ヘパリーゼプラスの成分分量

6錠中
肝臓水解物 600mg
ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン 30mg
リボフラビン 12mg
トコフェロール酢酸エステル 9mg
(添加物)
結晶セルロース,D-マンニトール,ケイ酸カルシウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム,アラビアゴム末,精製白糖,ゼラチン,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),プルラン,硫酸カルシウム,三二酸化鉄,赤色3号,青色1号,カルナウバロウ

新ヘパリーゼプラスの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:吐き気,下痢,胃部不快感
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

新ヘパリーゼプラスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)瓶の中に乾燥剤が入れてありますので,本剤を使い終わるまでは捨てないでください。また,間違えて服用しないように注意してください。
(5)瓶の中の詰め物を捨てたのちは,落下等の衝撃で錠剤破損(糖衣の欠け)が生じることがありますので,取扱いには注意してください。なお,開封時等に肝臓水解物の特有なにおいを感じることがあります。
(6)本剤は糖衣錠ですので,水分が錠剤につくと,表面の糖衣が一部とけて,変色又はむらが生じることがありますから,ぬれた手で取扱わないようにしてください。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

新ヘパリーゼプラスに効果効能が似た薬

新ヘパリーゼプラスが気になる人向けのコラム

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

アラキドン酸

脳の若さを保つために重要な栄養成分として、アラキドン酸が今、注目されています。 「アラキドン酸は、油を構成している成分のことで、オレイン酸、リノール酸などと同じ、脂肪酸と言われているものの一種です。どれもエネルギー源として人の成長と健康維... 続きを読む

肝臓水解物

スーパーにあるとても身近な食材から作られている成分です。原料は牛や豚の肝臓、つまりレバー。新鮮なレバーを加水分解酵素で分解し、エキスにしたのが肝臓水解物です。
これが今、女性の美と健康に効く成分として注目されています。 「もともとレバーに... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む