精海老の効能・用量・副作用など

精海老の特徴

精海老は,古くて確かな成分,牛黄の実績に,新しいビタミン学の考え方を合体させて生まれた製品です。
牛黄は「驚癇寒熱,熱盛狂痙を治し,邪を除き,鬼を逐う」として「神農本草経」にも記述されており,古来より今に至るまで珍重されております。
精海老は,この牛黄を基盤として,持続性ビタミンB2(リボフラビン酪酸エステル),吸収が良く,高い血中濃度が得られるビタミンB1誘導体(ビスベンチアミン),さらに,天然型ビタミンE(酢酸d-α-トコフェロール),ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩),ビタミンB12(シアノコバラミン)を配合し,のみ易く,また成分の安定性を損なわないために硬カプセル剤にいたしました。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル 
製造会社 佐藤薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC エルシスホワイト240   DHC チアニンローヤル   DHC ヘパトレバ   DS滋養内服液C   JAセイカンゴールド内服液  



精海老の効能・効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

精海老の用法・用量

次の量を,水又はぬるま湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1カプセル:1回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

精海老の成分・分量

1カプセル中
ゴオウ 20mg
ビスベンチアミン 25mg
リボフラビン酪酸エステル 20mg
ピリドキシン塩酸塩 30mg
シアノコバラミン 0.06mg
酢酸d-α-トコフェロール 10mg
(添加物)
バレイショデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,青色1号,赤色3号,黄色5号,ラウリル硫酸ナトリウム,ゼラチン

精海老の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,胃部膨満感
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

精海老の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。