カタセ錠D3の効能・用量・副作用など

カタセ錠D3の基本情報

カタセ錠D3

カタセ錠D3

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 カルシウム主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 全薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

カタセ錠D3の特徴

カタセ錠D3は、カルシウムの吸収を助けるビタミンD3とアミノ酸(L-リシン塩酸塩、タウリン)を配合した有核錠のカルシウム剤です。
12錠(15才以上の1日量)で600mgのカルシウムを含有しています。

カタセ錠D3の効能効果

次の場合のカルシウムの補給:妊娠・授乳期,発育期,老年期

カタセ錠D3の用法用量

次の量を1日3回食後に服用してください。
15才以上:4錠
7才以上 15才未満:2錠
5才以上 7才未満:1錠
5才未満:服用しない
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)本剤は水又はぬるま湯で服用してください。

カタセ錠D3の成分分量

12錠中
〔外皮〕 沈降炭酸カルシウム 1.165g
グルコン酸カルシウム水和物 1.5g (カルシウム計600mg)
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 150mg
〔内核〕 コレカルシフェロール 400I.U.
L-リシン塩酸塩 120mg
リボフラビン 5mg
(添加物)
ゼラチン,タルク,ヒドロキシプロピルセルロース,D-マンニトール,ラウリン酸ソルビ
タン,カルメロース,グリセリン脂肪酸エステル,グリチルリチン酸,クロスカルメロー
スナトリウム(クロスCMC-Na),硬化油,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,セル
ロース,中鎖脂肪酸トリグリセリド,白糖,ヒプロメロース,マクロゴール

カタセ錠D3の使用上の注意と副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
医師の治療を受けている人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を
持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用
を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘、下痢
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

カタセ錠D3の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)品質保持のため、錠剤をとりだすときはキャップにとり、手にふれた錠剤はビンに戻さないでください。
(5)ビンの中の詰め物は、錠剤の破損防止のために入れてあります。開封後は詰め物をすててください。
(開封後に詰め物を出し入れすると、湿気やホコリなどが入り込み、品質が低下する原因になる。)
(6)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。

カタセ錠D3が気になる人向けのコラム

素敵なスタイルは骨からつくられる-カルシウムの正しい取り方

身体を支えているのは骨。いつまでも素敵なプロポーションで健康美人でいるためには、骨の健康を維持することが大切です。
とくに、女性は骨粗しょう症になりやすいといわれています。骨粗しょう症とは骨からカルシウムが溶け出し、骨がスカスカになって... 続きを読む

日本人にはカルシウムが足りない? カルシウムの効果的なとり方

「飽食の時代」と言われるようになって久しい日本ですが、長年「カルシウム不足」が指摘され続けています。日本人のカルシウム摂取量は、1970年代からほとんど増えていないばかりか、近年少しずつ減ってきていることが国の調査でわかりました。
カル... 続きを読む

ツイントース

ツイントースはミネラルの吸収を助ける新機能成分。たとえばカルシウムとツイントースを一緒に摂ると、カルシウムの吸収率が1.4倍に、体内キープ力が6.2倍にアップします。同様に鉄や亜鉛などの吸収率もアップ。野菜のチコリの根から作られる天然由来... 続きを読む

骨粗しょう症の予防のために摂りたい栄養-控えた方が良い食べ物

骨粗しょう症の予防は、まず1日3回の規則正しい食事から、骨の材料となるカルシウムをたっぷりとること。一般的に日本人はカルシウム摂取量が不足しがちなので、意識してとるようにしましょう。カルシウムの豊富な食品は乳製品や大豆製品、骨ごと食べられ... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む