グロスキューCa錠の効能・用量・副作用など

グロスキューCa錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 カルシウム主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 大昭製薬
販売会社 クロレラ工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

グロスキューCa錠の特徴

●クロレラエキス-A配合
●2種類のカルシウム配合
溶解度が高いグルコン酸カルシウム水和物とカルシウムの含有量が高い沈降炭酸カルシウムの2種類の成分を配合しました。通常の食生活で不足しがちなカルシウムを補うことができます。
●ビタミンD3とタウリン配合
骨の形成を促進するビタミンD3とカルシウムの吸収を助けるタウリンを配合しました。
カルシウムが効率よく利用されます。
●小粒でほんのりした甘味があり、お子さまからお年を召した方まで服用しやすいカルシウム剤です。

グロスキューCa錠の効能効果

●次の場合の骨歯の発育促進:虚弱体質、腺病質
●妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止

グロスキューCa錠の用法用量

次の1回量を1日3回、食後に服用。
[年齢:1回量]
15歳以上:4錠
7歳?14歳:3錠
5歳?6歳:2錠
4歳以下:服用しないこと
(用法関連注意)
■用法・用量に関連する注意
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。

グロスキューCa錠の成分分量

12錠中
グルコン酸カルシウム水和物 400mg
沈降炭酸カルシウム 660mg
コレカルシフェロール(V.D3) 350 I.U.
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 160mg
クロレラエキス-A(矯味剤) 170mg
(添加物)
クロレラエキス-A、白糖、乳糖、トウモロコシデンプン、セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、クエン酸、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、香料

グロスキューCa錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください
●フェニルケトン尿症の人
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
医師の治療を受けている人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,下痢
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

グロスキューCa錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

グロスキューCa錠が気になる人向けのコラム

4月2日は「歯列の日」。最先端の歯列矯正治療を紹介

4月2日は「歯列の日」の日です。歯並びの悪さは、見た目の問題だけではなく、全身の健康にも影響するとあって、大人になってから矯正治療をする人もいます。ただし、歯列矯正治療に対しては「痛そう」「治療中の見た目がイヤ」「何年もかかるのが負担」... 続きを読む

歯の黄ばみを取るならどっち? 2種類のホワイトニンング方法

「芸能人は歯がいのち」というテレビのCMが話題になったことがありますが、近年、美容的な目的で歯を白くしたいという人たちが増えてきました。虫歯のない、歯並びのきれいな白い歯は、大きなチャームポイントになります。
アメリカでは、15年ほど前... 続きを読む

歯ぎしりは歯をボロボロにする? 歯ぎしりが与える体へのダメージ

友人との旅行先などで夜中に「ギリ、ギリ、ギリ」と何やら不気味な音を耳にして、目が覚めてしまったことはありませんか?
しばらく耳を澄ませて音の出所を探っていると、音源は歯ぎしりだということがわかり、音があまりに大きいことに驚いてしまいます。... 続きを読む

大人の歯が抜けたときの対処法-放置は禁物・さまざまな治療法

スポーツや事故で歯が一部抜けてしまったとか虫歯が悪化して抜歯した、というようなとき、その後の処置をあなたならどうしますか?
もちろん、歯医者さんできちんと治療してもらうのが当たり前のことですね。
ケガなどで抜けてしまった健康な歯の場合... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む