ツーリックCa錠の効能・用量・副作用など

ツーリックCa錠の特徴

※カルシウムは,丈夫な骨や歯の主成分として重要です。
※カルシウムの補給で血液中のカルシウム量が増え,骨のカルシウム分が血液中に溶け出すのを防ぎ骨を丈夫にします。
※水溶性カルシウムは血液に溶けやすく,全身をめぐり,細胞内の体液や血液を常にアルカリ性に保つ働きがあります。
※発育成長期のお子様の骨や歯の形成,又は妊娠,授乳期の人には,胎児や母体の組織の増殖を助けるためにより多くのカルシウムを必要とします。
※カルシウムの補給に用いる他,低カルシウムの血症によるテタニー症状(筋肉のつり,硬直,しびれ)に適応します。
※骨が弱くなる骨粗しょう症の治療にも使われます。
※ツーリックCa錠は,発育期や,妊娠・授乳期に不足しがちな刺激の少ない吸収のよいグルコン酸Caの他,ビタミンB1誘導体やビタミンB6を配合したカルシウム剤で,吸収性に優れ,お子様からお年寄りの方まで安心してご利用いただけます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 カルシウム主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 富山薬品
販売会社
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 MCカルシウム   Y.P.カルシウム3   アリフロミンCa   カタセ錠A   カタセ錠D3  



ツーリックCa錠の効能・効果

次の場合の骨歯の発育促進:虚弱体質,腺病質。
妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止

ツーリックCa錠の用法・用量

15才以上:1回6錠宛
11才以上〜15才未満:1回4錠宛
7才以上〜11才未満:1回3錠宛
5才以上〜7才未満:1回2錠宛
1日3回,食後に服用して下さい。
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量をお守り下さい。
2.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

ツーリックCa錠の成分・分量

18錠中
グルコン酸カルシウム水和物 2200mg
チアミンジスルフィド 15mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
(添加物)
キシリトール,乳糖水和物,結晶セルロース,バレイショデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム,タルク

ツーリックCa錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
便秘。
3.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ツーリックCa錠の保管上の注意

1.直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。(ビタミンは直射日光にあてると分解し易い。)
2.小児の手のとどかない所に保管すること。
3.他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる)