ボンエナCa微粒の効能・用量・副作用など

ボンエナCa微粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 カルシウム主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 湧永製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ボンエナCa微粒の特徴

カルシウムは,骨や歯の成分であると共に,体の正常な機能維持に必要なミネラルです。
ボンエナCa微粒は,人の骨の組成に近い精製牛骨粉と,骨基質を構成しているコラーゲンの生成に必要なビタミンCを配合した,吸収性の良いカルシウム剤です。
ボンエナCa微粒には,2包中にカルシウム約600mgとビタミンC100mgが含まれており,骨歯の発育を促進し,妊娠授乳時の骨歯の脆弱化(ぜいじゃくか)を防ぎます。また,その他のミネラルとしてリン約270mg,マグネシウム約60mgを含有します。

ボンエナCa微粒の効能効果

次の場合の骨歯の発育促進:虚弱体質,腺病質。
妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止

ボンエナCa微粒の用法用量

1回次の量を水又はお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:2回
11才以上15才未満:2/3包:2回
7才以上11才未満:1/2包:2回
3才以上7才未満:1/3包:2回
1才以上3才未満:1/4包:2回
1才未満:服用させないでください
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ボンエナCa微粒の成分分量

2包(3200mg)中
精製牛骨粉 2000mg
アスコルビン酸 100mg
(添加物)
D-マンニトール,クエン酸,ヒドロキシプロピルセルロース,香料,エチルセルロース,エリスリトール,グリチルリチン酸二カリウム,炭酸マグネシウム,含水二酸化ケイ素,レモン油

ボンエナCa微粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ボンエナCa微粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ボンエナCa微粒に効果効能が似た薬

ボンエナCa微粒が気になる人向けのコラム

4月2日は「歯列の日」。最先端の歯列矯正治療を紹介

4月2日は「歯列の日」の日です。歯並びの悪さは、見た目の問題だけではなく、全身の健康にも影響するとあって、大人になってから矯正治療をする人もいます。ただし、歯列矯正治療に対しては「痛そう」「治療中の見た目がイヤ」「何年もかかるのが負担」... 続きを読む

歯の黄ばみを取るならどっち? 2種類のホワイトニンング方法

「芸能人は歯がいのち」というテレビのCMが話題になったことがありますが、近年、美容的な目的で歯を白くしたいという人たちが増えてきました。虫歯のない、歯並びのきれいな白い歯は、大きなチャームポイントになります。
アメリカでは、15年ほど前... 続きを読む

大人の歯が抜けたときの対処法-放置は禁物・さまざまな治療法

スポーツや事故で歯が一部抜けてしまったとか虫歯が悪化して抜歯した、というようなとき、その後の処置をあなたならどうしますか?
もちろん、歯医者さんできちんと治療してもらうのが当たり前のことですね。
ケガなどで抜けてしまった健康な歯の場合... 続きを読む

健康で美しい歯とは? 噛み合わせが悪いとなぜいけないのか

健康な歯をしている人は、実は見た目も自然と美しくなります。ここでいう「美しい」とは、つくられた美しさではなく、自然な美しさのことをいいます。自然な美しさは、実は「機能美」でもあります。この「機能美」が確立されていないと、顎関節症、歯ぎしり... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む