ハイチオールCの効能・用量・副作用など

ハイチオールCの特徴

ハイチオールCは、L-システインを240mg(成人1日量)配合しています。
☆L-システイン(アミノ酸)は…
L-システインはタンパク質を構成するアミノ酸の一つです。皮膚や肝臓に多く存在し、種々の代謝に関与することで、からだの健康に重要なはたらきをしています。
★気になるしみ・そばかすに
L-システインが、シミのもと(過剰にできるメラニン)の生成をおさえ、ビタミンCとともにシミ治療にすぐれた効果をあらわします。
★からだ全体がなんとなくだるい時に
エネルギー産生に関与するL-システインが、全身倦怠を改善していきます。
★つらい二日酔に
L-システインが、二日酔の原因物質の代謝分解をたすけ不快な症状を改善していきます。
★湿疹、かぶれに
お肌にも多く含まれているL-システインが、お肌の健康に必要なビタミンC、パントテン酸とともに、湿疹やかぶれの改善に効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 タンパク・アミノ酸主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 エスエス製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 アルケシクール   ジーロップCホワイト   ジーロップCホワイトプラス   タイゾーンC   チュエベルホワイトCプラス  



ハイチオールCの効能・効果

しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症。全身倦怠。二日酔。にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

ハイチオールCの用法・用量

次の1回量を1日3回※服用します。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):2錠
7才〜14才:1錠
7才未満:服用しないこと
※(食前または食後に、水またはお湯で服用してください。)
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)食前・食後、いずれの服用でもかまいません。
(3)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ハイチオールCの成分・分量

6錠(成人1日量)中
L-システイン 240mg
アスコルビン酸 300mg
パントテン酸カルシウム 24mg
(添加物)
無水ケイ酸、セルロース、白糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)、炭酸カルシウム、カルナウバロウ、ステアリン酸マグネシウム、タルク、酸化チタン、部分アルファー化デンプン、プルラン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

「ハイチオールC」を含むQ&A

もっと見る

ハイチオールCの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後、次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
消化器:悪心・嘔吐、腹痛
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合。
2.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください
下痢

ハイチオールCの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にビンのフタをよくしめて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤をぬれた手で扱わないでください。ぬれた手で扱うと、糖衣にムラができたり、変色したりすることがあります。
(5)ビンの中のつめ物は、輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。
(6)使用期限をすぎたものは服用しないでください。