パナックス・ケイギョクの効能・用量・副作用など

パナックス・ケイギョクの特徴

◇パナックス・ケイギョクは,16~17世紀に書かれた東医宝鑑・本草綱目・壽世保元などの古典医学書に収録されている『瓊玉膏』を製剤化したものです。
◇パナックス・ケイギョクは,古典医学書記載『瓊玉膏』の製法と同じく,各生薬を微粉末化し,これにジオウ搾汁とハチミツを混和し,数日間にわたり熱を加えて作る,黒い練り状で独特の風味をもつ生薬製剤です。
◇ジオウは,すべて日本産契約栽培品を使用しております。
◇パナックス・ケイギョクは,生薬末製造から製品に至るまで本社工場で一貫製造を行っております。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬主薬製剤
形状 塊片・練薬・板チョコ状・エキス・軟エキス 
製造会社 信州製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 JPS桔梗石膏エキス錠N   アスゲン長城冠丹元顆粒   アンチスタックス   イスクラ参馬補腎丸   イスクラ麦味参顆粒  



パナックス・ケイギョクの効能・効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病後の体力低下,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症,発育期

パナックス・ケイギョクの用法・用量

大人は10g(添付の匙1杯)を1日2回服用する。
小児は大人の半量とする。
(用法関連注意)
(1)服用時には,よくかき混ぜて服用下さい。
(2)上記量をそのまま,あるいはお湯などに溶かし,溶解後はすぐに服用してください。
(3)服用時間は特に規定はございません。お求めの薬局・薬店にてご相談ください。
(4)添付の匙は,ご使用の都度水洗いなどして,清潔に保管してください。

パナックス・ケイギョクの成分・分量

10g中
ニンジン 514.3mg
ジオウ 5485.7mg
ブクリョウ 1028.6mg
ハチミツ 3428.6mg
ジコッピ 171.4mg
バクモンドウ 171.4mg
テンモンドウ 171.4mg
(添加物)
なし

パナックス・ケイギョクの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に,医師または薬剤師にご相談下さい。
医師の治療を受けている人。手術直後。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師にご相談下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:下痢
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合

パナックス・ケイギョクの保管上の注意

(1)開封時,アルミ封で手を切らないようご注意下さい。
(2)直射日光の当たらない,涼しい所に保管下さい。(冷蔵庫保管の必要はありません)
(3)開封後は使用状況にもよりますが,3ヶ月以内にご使用下さい。
(4)小児の手の届かない場所に保管して下さい。
(5)ジオウの生根を原料として製造しているため,製品により硬さ軟らかさ・味等に差がでます。また瓶内の表面に液汁が浮くことがありますが品質・効果に変わりはありません。一部かき混ぜてご使用下さい。