パナパールの効能・用量・副作用など

パナパールの特徴

◆パナパールは、虚弱体質・肉体疲労・病中病後・胃腸虚弱・食欲不振の症状を改善し、滋養強壮のために考え出された生薬製剤です。
◆パナパール中のニンジン・オウギ・ニンニク・サンヤク・ハンピは滋養強壮の働きをし、トウキ・シャクヤク・センキュウ・ジオウ・ケイヒはサンヤクなどの滋養強壮の働きを助けます。ニンジン・ビャクジュツ・ソウジュツ・ブクリョウ・カンゾウ・動物胆は弱った胃腸の働きを盛んにするように働きます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬主薬製剤
形状 カプセル 
製造会社 剤盛堂薬品
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 JPS桔梗石膏エキス錠N   アスゲン長城冠丹元顆粒   アンチスタックス   イスクラ参馬補腎丸   イスクラ麦味参顆粒  



パナパールの効能・効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

パナパールの用法・用量

次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):3カプセル:3回
7歳以上15歳未満:2カプセル:3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)カプセル剤の取り出し方
PTP包装の場合はカプセル剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用すること。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながる。)

パナパールの成分・分量

9カプセル(3g)中
エキス 0.3mL(固形物0.045g) (オウギ0.008g・カンゾウ0.041g・ケイヒ0.069g・ジオウ0.014g・シャクヤク0.014g・センキュウ0.010g・トウキ0.014g・ニンジン0.006g・ビャクジュツ0.014g・ブクリョウ0.014g・動物胆0.055g)
エキス 0.054g (ソウジュツ0.003g・ブクリョウ0.003g・ニンニク0.107g)
サンヤク末 0.065g
ハンピ末 2.756g
(添加物)
黄色三二酸化鉄、酸化チタン、三二酸化鉄、ゼラチン、バレイショデンプン、ラウリル硫酸ナトリウム

「パナパール」を含むQ&A

もっと見る

パナパールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

パナパールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)