金丹精の効能・用量・副作用など

金丹精の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 日本医薬品製造
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

金丹精の特徴

本剤は中国漢方の海馬補腎丸を基に中国3000年の歴史をもつ神農本草経に収載され古来より和漢高貴薬として,珍重され貴ばれて来た動物性強精生薬 海狗腎(オットセイの陰茎とこう丸を乾燥したもの),鹿茸,牛黄のほか植物性強精生薬 人参,イカリ草等,自然薬ばかりを配合した金粒の滋養強壮剤です。

金丹精の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質・肉体疲労・病後の体力低下・胃腸虚弱・食欲不振・血色不良・冷え症

金丹精の用法用量

次の量を朝晩食間に服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:3粒:2回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法及び用量を厳守して下さい。

金丹精の成分分量

6粒中
カイクジン末 50mg
ゴオウ 5mg
ロクジョウ末 20mg
カシュウ末 80mg
ジオウ末 500mg
ニンジンエキス 280mg (人参3108mg)
イカリソウエキス 80mg (淫羊かく800mg)
クコシ 80mg
(添加物)
カンゾウエキス,寒梅粉,バレイショデンプン,デヒドロ酢酸ナトリウム,金箔

金丹精の使用上の注意と副作用

■相談すること
1ヶ月くらい服用しても症状の改善がみられない場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。

金丹精の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないで下さい。

金丹精が気になる人向けのコラム

インド伝承のアーユルヴェーダとは? 自分でできるマッサージ法

悠久の歴史を持つインド。アーユルヴェーダはそこで生まれた伝承医学です。最近ではエステのメニューなどでもしばしば耳にする言葉なので、関心を持っている人も多いことでしょう。アーユルヴェーダが誕生したのは約3千年前といわれています。語源はサンス... 続きを読む

ALA

美肌、メタボ、貧血、薄毛にがん治療…と幅広く高い効果で、いま注目の成分「ALA」。実は開発当初、金の約23倍、プラチナの約10倍もするとても高価な成分でした。そのALAが最近、20年の歳月をかけて大量生産に成功。これをきっかけに研究開発が... 続きを読む

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む