金粒牛黄鹿茸丸の効能・用量・副作用など

金粒牛黄鹿茸丸の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 北日本製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 JPS桔梗石膏エキス錠N   アスゲン長城冠丹元顆粒   アンチスタックス   イスクラ参馬補腎丸   イスクラ麦味参顆粒  



金粒牛黄鹿茸丸の効能・効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振

金粒牛黄鹿茸丸の用法・用量

次の量を白湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3丸:2回
11才以上15才未満:2丸:2回
11才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
11才以上の小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

金粒牛黄鹿茸丸の成分・分量

1日量(6丸)中
ゴオウ 50mg
ロクジョウ末 300mg
(添加物)
バレイショデンプン,リン酸水素カルシウム,炭酸カルシウム,カルボキシメチルスターチナトリウム,アルファー化デンプン,セラック,パラベン,金箔

金粒牛黄鹿茸丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

金粒牛黄鹿茸丸の保管上の注意

1.直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.他の容器に入れ替えないこと。
(誤用の原因になったり品質が変わる)