参茸栄衛丸の効能・用量・副作用など

参茸栄衛丸の特徴

参茸栄衛丸は、滋養強壮に効くことでよく知られている人参、鹿茸をはじめ、リュウガンニク、ニクジュヨウなど15種類の生薬を配合した滋養強壮薬です。虚弱体質、肉体疲労などにお勧めします。

参茸栄衛丸

参茸栄衛丸

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 JPS桔梗石膏エキス錠N   アスゲン長城冠丹元顆粒   アンチスタックス   イスクラ参馬補腎丸   イスクラ麦味参顆粒  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



参茸栄衛丸の効能・効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

参茸栄衛丸の用法・用量

1日1〜2回、朝と晩又は晩に1回1丸を温湯にて服用してください。
服用の際、白蝋を割り丸剤を包んでいるセロファンを剥離して、そのままかじるか、又は小さく切ってオブラートに包んで服用してください。
服用の直前直後は、生ものや冷たい飲食物の摂取を避けてください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)乳幼児に服用させる場合には、薬剤がのどにつかえることのないよう、よく注意してください。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないでください。なお、生後3ヵ月以上であっても1才未満の乳児には医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。
(5)服用の前後30分位は、体を冷やす冷たい飲食物や生ものの摂取は薬効を妨げるので、避けてください。

参茸栄衛丸の成分・分量

本品2丸中
ニンジン(人参) 900mg
ブクリョウ(茯苓) 1200mg
ジオウ(地黄) 750mg
トウキ(当帰) 600mg
オウギ(黄蓍) 450mg
ロクジョウ(鹿茸) 900mg
サンソウニン(酸棗仁) 750mg
リュウガンニク(竜眼肉) 1500mg
ニクジュヨウ(肉ジュ蓉) 750mg
カシュウ(何首烏) 225mg
サヨウ(鎖陽) 450mg
トチュウ(杜仲) 750mg
ロッカク(鹿角) 1200mg
コハク(琥珀) 450mg
チンピ(陳皮) 1500mg
(添加物)
ハチミツ

参茸栄衛丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)熱のある人
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

参茸栄衛丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物(生薬)を原料としていますので、製品により丸剤の色調が多少異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)開蝋後はなるべく早く服用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。